ハンマー音頭の写真日記

hanmaondo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 10日

裏高尾・日陰沢

1 日陰沢
a0084757_13325899.jpg



赤いペンキでマーキングされている岸辺に立つ茶色の細い木は、アブラチャンです。
1株なのに地面から何本もの幹が出ているように見えます。これを造園などでは「株立ち」
というようで、盆栽では好んでわざわざ株立ちさせるようにもしているようです。株立ちの
対極は1本立ちでしょうか?


2 フユイチゴ
a0084757_13344752.jpg



フユイチゴは食べられます。でも、一度一碧湖で口にして気分が悪くなりました(汗)
人や犬が沢山通るところだったので、なにか良くない物質が付着していたのかもしれ
ません。



a0084757_13352611.jpg



ミシェランがとりあげて、益々人出が多くなった高尾山(599m)は、東京もんは誰でも
小学校の遠足で訪れたことがある低山です。

上るコースはいくつかあります。今回はメインのルートを避けて高尾山の北側にある
裏高尾から上りました。日陰沢ぞいを上っていきます。メインのリートに比べると
たぶん1/10ぐらいの人出です。それでも10組、人数にして20人ぐらいのハイカー
と出会います。やがてメインルートに近づくと日陰沢からのルートは高尾山の尾根道の
北側を迂回していく4号路に出合います。


4 あれが4号路との合流点
a0084757_13355824.jpg



合流点でおそらく標高500メートルぐらいでしょう。あと100メートル登ると高尾山頂で
すが、そこまで行ったら人が溢れているでしょうから、止めました。

5 ミヤマシキミ
a0084757_13363024.jpg


この日、一番鮮やかな赤い色を見せてくれたのがミヤマシキミです。晩秋から初冬に
かけて山で楽しみなものは赤や青い実でしょうか。


6 4号路の桜の古木
a0084757_133658100.jpg




7 シラネセンキュウ
a0084757_13372626.jpg



シラネセンキュウは以前、同じく裏高尾の木下沢(こげさわ)でも見かけました。
シラネセンキュウは湿潤な場所を好むらしく、これも沢沿いの日陰沢林道まで
降りてきてから出逢いました。
[PR]

by hanmaondo | 2010-12-10 18:28 | ちょっとお出かけ


<< 山桃(ヤマモモ)      ヤブムラサキ >>