2011年 01月 21日

隠れ蓑(カクレミノ)の実

a0084757_17144314.jpg



昨年12月に上柚木公園を歩いていて撮った隠れ蓑の実です。途中まで掲載準備そ進めて、そのままにしておいたものを遅ればせながら公表いたします。

a0084757_1715451.jpg



隠れ蓑の葉は、一定でなく、よくある楕円形のものもあれば、ご覧のように三つ葉形式のものがあります。図鑑などでは「葉は三裂している」と記述されています。ものによっては五つ葉のものもあり、ヤツデの葉に似てきます。なにしろ同じ仲間のウコギ科の常緑樹ですから。

隠れ蓑とは不思議な名前です。葉がさまざまな形に変容するから、そう呼ばれたのかと思ったのですが、なんでも三つ葉の形が天狗の蓑に似ているから、とか、枝先に集中して付く葉がこんもりとして蓑のように見えたから、とか、説得力がない説明がなされています。名付け親に訊かないと分からないですね。でも、御伽噺でしか縁が無い隠れ蓑の名称は、なんとなくユーモラスに響き、嫌いではありません。
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-21 18:20 | 樹木


<< 箱根・十国峠      楠木の黒紫色の実 >>