ハンマー音頭の写真日記

hanmaondo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:オフ会( 16 )


2010年 04月 18日

季節外れの雪が降った日に東京薬科大学薬用植物園で




a0084757_18164555.jpg




こんな春/冬は珍しい。朝起きて窓のカーテンを開けるまで、全く予想をしていなかった
雪景色。どなたにとっても驚きの春/冬となりました。

おかげで計画していた多摩川河原でのノビル摘みは中止。かじかんだ手で雪の下を掘る
なんて元気はありませんから。

その代わりに東京薬科大学のいつもの薬用植物園へ友人等と行きました。


2 その友人たち、ただし全員ではありません
a0084757_23135816.jpg





3 雲南黄梅(ウンナンオウバイ)?
a0084757_2321355.jpg



黄梅と見分けが付かないので、一応クエスチョンマーク付きで。


4 八重紅枝垂れ桜(ヤエベニシダレザクラ)
a0084757_2322965.jpg



遅咲きの八重紅枝垂れは今が盛りです。八重桜は、この後かな?すると今年はやはり
少し遅れていますね。暫く冬が戻っていた、ということでしょうか。


5 大亀の木(オオカメノキ)
a0084757_23241339.jpg



葉っぱはガマズミにそっくり。無理もありません。同じ仲間です。
花は紫陽花に似ています。小さな両性花の周りを白くて大きな装飾花が囲んでいます。



6 
a0084757_23293948.jpg



名札が付いていたのに、なにツツジなのか忘れました。植物園ですから、あれこれ種が
異なるツツジが咲いていました。山の斜面で見るツツジはとても鮮やかな色をしている
印象があります。街中で同じものを見ても、そんな気がしません。あれは廻りに色が
溢れているせいでしょうか?
[PR]

by hanmaondo | 2010-04-18 23:32 | オフ会
2009年 12月 28日

忘年カメラ散歩




a0084757_21432071.jpg




敬愛するブログ仲間の緑坂さんとサラリンさんを誘って、12月中旬に年忘れのオフ会を行ないました。



a0084757_2149194.jpg



訪ねた先は町田市北部の多摩丘陵にある小山田緑地公園です。


3 それではお仲間を御紹介(笑)
a0084757_215202.jpg



4 アブラチャンの冬芽
a0084757_8492177.jpg



丸いのは花芽だと思います。もう、来春の準備。



a0084757_8513834.jpg



6 白実の南天(シロミノナンテン)
a0084757_8524979.jpg



白い実がなる南天があるとは知りませんでした。南天には消炎、咳止めなどの薬効があり、実を干して南天実(なんてんじつ)という名の生薬として用いますが、干した赤い美は黒くなって見栄えがわるいので、白実を使うそうです。白実の南天でも普通の南天でも薬効に違いはありません。


a0084757_854820.jpg



8 痰切り豆(タンキリマメ)それとも吐切り豆(トキリマメ)?
a0084757_856314.jpg




痰切り豆(タンキリマメ)も吐切り豆(トキリマメ)も蔓植物で実がそっくりです。そこで葉を見て、厚さの違い、毛の多寡、幅広部分が先端寄りか中央部にあるかで見分けるそうですが、落葉したのか葉がない(汗) どうやら、少し遅すぎたようです。

痰切り豆(タンキリマメ)も吐切り豆(トキリマメ)もノササゲに似た小さな黄色の花を夏から秋にかけて咲かせます。来年は是非観察して写真に撮り、報告したいものです。


お仲間の記事も、こちらからどうぞ。
緑坂さんの記事「小山田緑地」

サラリンさんの記事「小山田緑地カメラ散歩」
[PR]

by hanmaondo | 2009-12-28 21:35 | オフ会
2009年 10月 12日

八王子・長沼公園でオフ会 - 深まる秋に



3連休初日の土曜日に、ブログ仲間の緑坂さんとサラリンさんを誘って、八王子市にある都立長沼公園をご案内しました。

ハンマー音頭は、このところブログの記事がアップできず、写真ばかりが溜まっていたのですが、緑坂さんが既に2つも記事をアップしたのを見て、これではならじと急遽、長沼公園オフ会の記事を掲載いたします。

長沼公園は京王長沼駅に程近い里山北斜面を丸々自然公園としたもので、駅近でもあり、とても行易い里山公園です。6枚ほど、ご覧下さい。


1 「霧降の道」の多分ヤマアジサイ?
a0084757_195229.jpg



山間の沢筋で湿り気の多い道沿いですから、ヤマアジサイがぴったりだとは思いますが、確信はありません。色も姿もバリエーションが沢山ある品種です。


2 「殿ヶ谷の道」の草原斜面に見る荒毛反魂草(アラゲハンゴンソウ)
a0084757_1913228.jpg




八王子市絹ヶ丘の住宅街に隣接する殿ヶ谷戸を登ると、広い草原の斜面が現われます。草刈が定期的に行なわれていて、荒毛反魂草も一度刈られてしまったせいか、普通の半分ぐらいの背しかありません。



3 そこをゆっくりと登ってくるオフ会の仲間
a0084757_19143265.jpg




4 「滝の沢」に見る上総層群露頭
a0084757_19325875.jpg




公園内の沢筋には、関東平野の基盤となっている地層で上総層群(およそ300万から70万年前)のうち、多分平山層あたりが顔を出していて、海生生物の生痕化石が見られます。

地層が幾つかグループとして把握されているので、層群と呼びます。上総層群は、飯能層、大矢部層、平田層、連光寺層などが含まれています。

いずれも海底に積もった砂などを主とする地層で、貝などの化石が見られます。都心では、関東ローム層を代表とする箱根火山や富士山の火山灰に覆われて、1000メートルぐらいの厚みの下にあるのですが、多摩地区では、それが露出しているところがあります。



5 「野猿の尾根道」で咲く野菊
a0084757_19361660.jpg



野菊は鬼門です(^^) 種類が多くて、どれも似ていて、細かいポイントをチェックできる素養がないとお手上げ。詰り、ハンマー音頭には10年早いのです(笑)


6 尾根道で仰ぎ見るホウノキの葉
a0084757_19372094.jpg




この日は、公園の駐車場から公園の北の端に沿って西へ進み、殿ヶ谷戸から尾根道へと登りました。ハイキングだけが目的ですと1時間で廻りきってしまうようなコースですが、我々は撮影が主目的ですから、倍以上の時間を掛けて歩きます。尾根筋にある「頂上園地」でお昼。この時、ハンマー音頭が折角買ってきたお握りを車に置き忘れたのが発覚。緑坂さんにお握りを1つ分けてもらって、鬼が島までお供をします、と尾を振って事なきを得ました。緑坂さん、本当にありがとう。サラリンさんに貰った梅干入りも降りてから賞味したところ、とても美味でした。まるで市販品みたいな袋に入っていたので、ハンマー音頭は初めお手製とは気付かず、恥じをかきました(笑)
[PR]

by hanmaondo | 2009-10-12 21:31 | オフ会
2009年 09月 07日

秋の里山ミニオフ会



秋風が立った9月の爽やかな週末に、ブログ仲間の緑坂さんサラリンさんを誘って町田北部にある多摩丘陵の里山に遊びました。



1 神明谷戸の入口付近 
a0084757_18121795.jpg



車が行き交う表通りから、一歩谷戸の中に入ると、別世界が広がっています。此処、町田市図師町にある神明谷戸は、小山田、小野路そして図師にある数ある谷戸のうち、昔の里山の風景が残っているものとして間違いなく1、2を争う存在です。


2 小山田緑地駐車場から畑の中を行く
a0084757_1832248.jpg




電車で来る緑坂さんを多摩センター駅で出迎え、サラリンさんとは長池公園駐車場で待ち合わせました。そこで珈琲を飲みながら自己紹介。尾根幹線道路を越えて町田市側に下り、小山田緑地公園の駐車場に車を置かせてもらって、神明谷戸めざして畑の中を少し南下しました。


3 垂れる稲穂
a0084757_1845245.jpg




神明谷戸へのアプローチにも見るものが多くあります。駐車場方面へ振り返って、稲田越しに背景をぼかして見ましたが、家の輪郭のボケ具合がいまひとつ不満です。ペンタックスのFA77mmでも、どんなボケでも良くなるわけではなさそうです。F5.6で撮りましたがF8ぐらいまで絞るべきだったかもしれません。それとも、それでは大差がないので、もう1段絞ってF11にするべきだったでしょうか?

この日見かけた花を3つ、ご覧ください。いずれも晩夏から秋に咲くと思われます。


4 秋の到来を告げる釣鐘人参
a0084757_19173910.jpg




5 野原薊?
a0084757_18535565.jpg




6 野菊
a0084757_19182383.jpg




釣鐘人参は柱頭(雌しべの先端部分)が花から出ているので、良く似たソバナではないことが分かります。
野原薊に?をつけた理由は、もう何度も言っていますが、薊はどれも互いに良く似ているからです。一説では日本だけでも100種近く有るとか言う話です。地域ごとに変異してしまうためらしいので、互いに似ていて当然ですね。最後の野菊はなんでしょうね?ヨメナ、シロヨメナ、関東ヨメナ、シラヤマギクなどありますが、初心者のハンマー音頭にはどれも同じ(苦笑) 野菊としか言いようがありません。


7 ならばい谷戸にて
a0084757_195080.jpg



神明谷戸を登り詰めて尾根道に出て、小野路城祉で小休止した後にならばい谷戸を通って帰る、というのが、この日のコースでした。これはならばい谷戸の貴重な日影で休んでいた時に、目の前を挨拶して通り過ぎたご夫婦です。

何組かのハイカーの方々に出会いましたが、数はちらほら程度です。ならばい谷戸は、それでも人通りが有る方で、図師や小野路、小山田の里山を歩いているとハイカーに出会わない日もあります。

とても爽やかな風が吹いて、まるで高原の夏のよう。秋が来たのかな、と思いました。それでもお昼近くになって、真夏のような暑さです。

今回は緑坂さんとサラリンさんのお仲間を得て、久しぶりに賑やかに歩きました。ちょっと20代の頃の気分を思い出しました。オフ会の度に若返るかな(笑)
[PR]

by hanmaondo | 2009-09-07 19:25 | オフ会
2009年 07月 21日

吉祥寺オフ会 



この記事を大きな手術を受けた京都の美女ブロガー753さんに捧げます。


1 753さん、大いに笑う
a0084757_21434777.jpg




若狭に住まいするブログ仲間の楽子さんが音頭を取って、753さんの快気祝いに吉祥寺でオフ会が開かれました。三鷹にお住まいのブロガーゆき爺さんを含めて、お会いするのは初めてです。それでも、とてもそんな気がしないハンマー音頭は、兎も角お祝いを言おうと駆けつけました。

吉祥寺と会合の風景を7枚で纏めましたので、ご覧下さい。


2 京王井の頭線高架沿いを行く
a0084757_21592221.jpg



吉祥寺へは電車で小1時間は掛かります。三鷹に住んでいたことがあるので吉祥寺のことは良く知っているとは言え、今日会合するお店は初めてなので用心し、集合時間の16時まで1時間は余裕を取りました。それで1駅手前で降りて久しぶりに井の頭公園を抜けて行くことにしました。



3 井の頭公園内のフリーマーケット? その1
a0084757_2232045.jpg



すると公園の中ではフリーマーケットでしょうか、主に若い人たちが、アクセサリーや自分が作った「芸術作品」らしき絵や小物を路上にシートを敷いて売っているのに出会います。


4 井の頭公園内のフリーマーケット? その2
a0084757_2234330.jpg



キノコ大好きのハンマー音頭には見逃せない被写体(笑)


5 会合場所のレストランの前です
a0084757_225270.jpg



駅から程近い、こんな処にウッド・デッキを敷いた大きな庭がるレストランがあるとは、知りませんでした。まぁ、会合には余り縁がないハンマー音頭ですから無理も無いか(苦笑) これで3階とは想像もしていませんでした。


6 レストランの内部からテラス風の庭園を望む
a0084757_2252625.jpg



楽しいオフ会も、あっと言う間に過ぎてハンマー音頭は一次会だけで失礼し、再び若者達で溢れる吉祥寺の雑踏の中へと出て行きます。


7 暮れなずむ吉祥寺駅頭
a0084757_2255478.jpg



さすがに3連休最後の休日。人が溢れています。どこへレンズを向けても人人人の連続で、どうしても顔が入ってしまいます。そのため、何であれ手前にある被写体を探して、背景を大いにボケさせることにしました。サンマルクカフェには特に思い入れも恨みもございません(^^)
[PR]

by hanmaondo | 2009-07-21 01:19 | オフ会
2008年 05月 27日

初夏の長沼公園で練習会

1 展望台から八王子市街を望む
a0084757_22401779.jpg


長沼公園の尾根筋の展望台から手前に、谷空木(たにうつぎ)の花
をいれて、遠く見える街並みをぼかしました。これで、F7.1なのです
が、すこしぼけ過ぎのようです。背景が遠ければ遠い程、ボケは大きく
なります。これはF22ぐらいまで絞らなければ、いけなかったかも。
それから、手前の谷空木は少し暗いのでフラッシュを炊いたら良かった
かもしれませんね。

さて、2人の多摩人とこの長沼公園で遊びました。写真撮影の腕を
上げるための楽しい練習会です。メイン・テーマは相変わらすマクロ
撮影。


2 蝮草 (まむしぐさ)
a0084757_2241350.jpg



里山の北斜面を登りながら、いつものように花を探します。
今回は高校時代にサークル活動で野草採集をしていたという
剛の者がいっしょですから、見つけるのに苦労はありません(^^)
蝮草なんて緑色ですから保護色みたいなもの。私は全く気付き
ませんでしたが、「そこにあるよ」と教えてもらいました(^^)/


3 甘野老(あまどころ)?それとも鳴子百合(なるこゆり)?
a0084757_2242476.jpg



これは2つずつぶら下っているから、多分甘野老でしょうね。鳴子百合は
3つから5つ一緒にぶら下っているそうです。それに鳴子百合の方
が開花時期が1ヶ月ほど遅いとか。


4 耳形天南星(みみがたてんなんしょう)
a0084757_22432829.jpg



耳形天南星は薬科大でも出会っています。あの時は浦島草かと
当てずっぽうで思ったのですが、勘違いでした。浦島草の方が開花
が早いのかも。


5 モミジ
a0084757_22444954.jpg



丁度晩春から初夏に移ろうと言う時期。思った程花に出会いません。
木道を降り始めると芝生の広場が見えて来ます。

6 木道
a0084757_224532100.jpg



下の方には、居心地の良さそうなベンチがありますね。
あそこで一休みといきましょうか。


7 庭石菖  (にわぜきしょう) 赤紫
a0084757_22464629.jpg



その前で芝生広場に降り立ち、小さな花を探します。

8 同上 白
a0084757_22471729.jpg



庭石菖は北米原産の帰化植物でアヤメの仲間だそうです。赤紫と
白の花があって、開花すると一日しかもちません。5から6月に痩せ地
に咲いています。

芝生広場を抜けるて暫く行くと、人家が表れてきます。このあたりはまだまだ昔の里山の風情が残っています。

9 雪ノ下
a0084757_22475692.jpg


もう暫くすると、きっと初夏の花たちが開花しだすでしょう。今日は
端境期に当ったようで花の種類は余り多くありませんでした。


10 
a0084757_22484450.jpg



高校を同じくする2人は、なにやら発見して楽しげに語り合っています。
例え、思ったほどの花に出会えなくとも、カメラの腕が上がらなくとも
楽しい散歩でした。なによりも里山の自然がそのままに残されていて
とても感心したのが良い思い出です。


2008年5月18日八王子市 都立長沼公園
ミノルタ AF50/2.8 Macro 初期型
[PR]

by hanmaondo | 2008-05-27 20:19 | オフ会
2008年 05月 05日

津久井湖でミニ撮影会

1 狛犬
a0084757_17532329.jpg




東京薬科大学へ行った日から2日後の日曜日に、津久井湖でミニ撮影会を行いました。再び、セニョールと2人連れです。



2 八重桜
a0084757_1755498.jpg



最初に行ったのは八重桜が咲き残る津久井湖北岸にある八幡神社。
八重桜が大振りの枝を広げているせいで、八幡様は花だらけに見えます。

暫く此処で竹の子や菫を撮った後、南岸に戻って湖岸から聳える城山公園に行きました。


3 二輪草に屈みこむ相棒
a0084757_17561570.jpg



城山公園は標高375メートルの城山北面を公園にしたもので、斜面の草原に春の花がそこかしこに咲いています。ここで発見したものを列記。


4 一輪草
a0084757_175765.jpg



一輪草は、二輪草よりずっと大きくて、名の如く1本だけ咲いていることが多いようです。群れを成している二輪草と好対照。


5  里芋の仲間・耳形天南星(みみがたてんなんしょう)
a0084757_17582244.jpg



花が枯れ始めたようで、屋根を成している部分が垂れて萎んでいる(汗)
でも、蝮草や浦島草などの仲間で、見ているとその地味ながら気色が悪い色と模様から、見つけてとても嬉しい花(^^)

最初、図鑑で見て似たものが浦島草しかなかったので、浦島草かと思い込んだ無知を、高校時代から野草を趣味としている友人に正してもらいました。感謝。


6 宝鐸草(ほうちゃくそう)
a0084757_180840.jpg



7 雪笹(ゆきざさ)
a0084757_1805369.jpg



宝鐸草も雪笹も地味ですねー(^^)
先ほど上げた野草が趣味の友人が教えてくれたところでは、雪笹は故昭和天皇の奥方、えーと、何て言うんだっけ?皇室の名称は特殊なものが多いので、半分アルツハイマーのハンマー音頭には????マークばかりが頭の中を通過していきます(^^) 兎も角、そのかつての皇后さまが愛した花だそうです。


8 鬼田平子(おにたびらこ)?
a0084757_2114816.jpg




9 馬の脚形(うまのあしがた)
a0084757_21151392.jpg




10 花の骸骨(^^)
a0084757_21154818.jpg

[PR]

by hanmaondo | 2008-05-05 21:29 | オフ会
2008年 05月 02日

東京薬科大学にて

1     花水木の背後に浮かぶ東京薬科大の校舎
a0084757_12153146.jpg




ここで先日紹介したセニョールにせがまれて、急遽ミニ撮影会を実施しました。午後5時ごろ近くの駅で待ち合わせ。家に帰っていないので、持っているのはリコーGRDだけ。これで撮りきります。


2     時は4月25日、盛りは過ぎたけれど二輪草が相変わらず大群落で出迎えてくれる薬用植物園
a0084757_12121597.jpg




小山田緑地公園での前回に続き、今回のテーマもマクロ撮影です。
ご覧のようにマクロ・モードまたはマクロレンズでぐっと寄り、近場の被写体にピントを合わせたら、レンズを少し振って背景を取り込みます。ボケた背景の中にピントを合わせたメインの被写体を浮かび上がらせる練習です。

単純な作業ですが、これによって写真に奥行きが生まれます。何度もやっていると、ボケ質や量の違いに気付くようになります。


3     咲き始めの春紫苑(はるじおん)は色が新鮮
a0084757_12135982.jpg



ピンクと白があるのだけれど、若しかしたら開ききると白くなってしまうのかしら?

薬用植物園には、勿論主に薬用植物が栽培されているのですが、雑草を全部抜くなんてことをしていませんから、お馴染みの春の草花が見られます。


4    アヤメの仲間 イチハツ
a0084757_1352030.jpg



薬用植物の花は矢張り地味なものが多いのですが、中にはご覧のように鮮やかなものも。やっぱりアヤメの仲間の凄さですね。


5     そうかと思うとこんな目立たない可憐な花 稚児百合(ちごゆり)
a0084757_1362657.jpg



くすんだ白で、その上頭を垂れている稚児百合は、見逃してあたりまえの印象。老眼でろくに見えないハンマー音頭が見つけたのは、ほんの偶然です(^^)

ここら辺になってくると、背景のことは忘れ、小さな花を兎も角シャープに撮ろうと夢中。
そして・・・


6    新芽の鮮やかさに圧倒されて撮った1枚。何にも考えていないため、全くの駄作で見せるような代物ではないのだけれど、自戒を込めてアップ(^^)
a0084757_1371096.jpg




7    芹葉飛燕草(せりばひえんそう)
a0084757_1393393.jpg




この日、春紫苑と並んで一番数が多かったのが芹葉飛燕草。その独特の形が面白く、幾つも撮ったのだけれど、小さいのと特殊な形に惑わされたのか、余り成功しなかった。


8     牡丹の蕾
a0084757_13102726.jpg



最後に初心に戻って、マクロ撮影で背景を適度にボカす練習。この日に撮った開花した牡丹の花は、見苦しくってボツ。牡丹って、締りがなくて撮り難いです。その点蕾なら、当然ながら締まりそのもの(^^)
[PR]

by hanmaondo | 2008-05-02 21:02 | オフ会
2008年 02月 24日

多摩ニュータウンでオフ会

1 喫茶「友愛」でカフェオレ    Ricoh GRD
a0084757_7594922.jpg



数千キロの波頭を越え、残る数百キロは爆走する新幹線の車輪の下に轟音とともに置き去って、敬愛するブログ仲間のドロシーさんが、わざわざ多摩ニュータウンまで来てくれました。 会合場所は京王堀之内駅北側の喫茶「友愛」。

これはドロシーさんが注文したカフェオレ。手元にある機材はといえば、いつものペンタックスIstDS2 + FA77/1.8Ltd、それにリコーGRD。35mmフィルムカメラ換算で115mm相当となるペンタックスの77では、テーブルの上に載っているものを撮るのは、立ち上がらない限り不可能。それで、28mm相当の画角を持つコンパクト・デジカメGRDの出番になります。

ピントは勿論、泡に合わせたのだけれど、こうやって見ると手前になる取っ手が少し前ボケで気になるなぁ。後知恵だけれど、手前にあるのを横にすれば絵になった。でもこれ、ドロシーさんのだから勝手に動かすわけにはいかない。その上、ご本人が撮影中で、へたに手出したらぶっ飛ばされる(^^)




2 ブログ友の勇姿    Ricoh GRD
a0084757_801311.jpg



で、友はというとご覧の通り撮影中。GRDをマクロに設定してドロシーさんが入るようにぐっと下げ、手前のカフェオレにピントを合わせ、ノーファインダーで撮影。これで撮影中のご本人はボケるはず。

ブログ仲間といえども了承なしにその勇姿をアップするわけには行かない。
それでも基本的に顔さえ識別できなければOK。ですよね、ドロシーさん。


3 福王院薬師堂の甍 Pentax FA77/1.8 td
a0084757_81691.jpg



前回2人で会った時は、ほとんど撮影に行けなかったので、今日は町田北部にある薬師池公園に行きました。既に何回か記事にして紹介した場所ですから、どこに何があるか分かっているので。


4 薬師堂の地蔵たち Pentax FA77/1.8 td 
a0084757_813325.jpg



この地蔵さまたちも、昨年6月9日の記事で、ほとんど同じアングルでお見せしましたね。レンズまで同じ。進歩の跡は、皆無のようです(苦笑)


5 薬師堂正面 Pentax FA77/1.8 td
a0084757_815666.jpg



そこへぞろぞろと団体でハイカーたちが。 気温が15度まで上がった土曜日は、なにやらウォーキングの催し物があったようで、薬師池公園にはハイカーが溢れていました。


6 オオイヌノフグリ Pentax FA77/1.8 td
a0084757_823051.jpg



薬師堂の脇から公園を出て野道を進み、七国山(ななくにやま)展望台、鎌倉井戸、民権の森にあるぼたん園と進みました。コースの概略を説明するのは、ドロシーさんが帰ってからアップする時、地名などが分からないと苦労するだろう、という老婆心からです。

その途中で出会った嬉しい春の花たちをご紹介。オオイヌノフグリは漢字表記に拘るハンマー音頭でも、余り拘らずにサラッと行きましょう(苦笑)
名前に似合わない、可憐でとても綺麗な花で、大好きです。


7 姫踊子草(ひめおどりこそう) Pentax FA77/1.8 td
a0084757_832489.jpg



姫踊子草も春先に出会う嬉しい花ですね。仏の座とそっくりですが、仏の座の花がすっきりと伸びて全体が見えるのに対し、姫踊子草の花は葉に隠れて半分ぐらいしか見えないそうです。


8 喇叭水仙(らっぱすいせん) Pentax FA77/1.8 td 
a0084757_9452757.jpg



喇叭水仙は野の花のオオイヌノフグリや姫踊子草と違って、民家の生垣に植えられていたもの。通りすがりの者にとっても嬉しい眺め。自分の家でもこんなことが出来たら良いのに、と思うのですが、マンションはそこが味気なくて都会暮らしのわびしさを思います。


9 ぼたん園 Pentax FA77/1.8 td
a0084757_85675.jpg



民権の森の麓にあるぼたん園でお昼を取りました。この頃から次第に風が強くなって来て、ありがたくガラス戸で閉じられた東屋で休憩しました。


10 野津田神社 Pentax FA77/1.8 td
a0084757_8112365.jpg



ぼたん園を後にして民権の森と呼ばれる里山を一回りすると、野津田(のつだ)の地名を冠した神社が現われます。ここに至って風は益々勢いを増し、終に春の嵐となって吹き荒れました。

都心と違い、ここは農地に囲まれていますから、吹き上げられた砂塵が朦々と天を覆って暗くなり、眼も開けられぬありさま。後に関東に吹いた今年最初の春一番と知りました。

この後、ちょっと自宅に寄って貰って、我が家のべランダからの眺めをご覧頂き、楽しく語らってお別れしました。ドロシーさん、遠いところをわざわざ来ていただいて、楽しい時間をいっぱいありがとう。帰ってからの記事を楽しみにしています。お疲れでしょうから、ゆっくりアップしてくださいね。


P.S.
スパム・コメントなどを極力排除するため、拙ブログは当初、コメント並びにTBが出来なくしてありますが、暫く後に解除いたします。
[PR]

by hanmaondo | 2008-02-24 11:06 | オフ会
2007年 10月 31日

ハチ公前で会いましょう

終戦後の東京は、相当な食糧難だったようで、
家が東京だったにも拘わらず母親は疎開先の海辺
の街に留まって昭和21年の夏に私を産み、その後
4ヶ月して東京に戻ったそうです。

当時は何でも有るものを食べたそうですが、その中に
貝柱があって、これが余りにも頻繁に食卓に上がる
ものだから、見るのも厭になったと、死んだ母親が言って
いました。

貝柱とは贅沢だな、と私には思えるのですが、芥川龍之介の短編
「芋粥」が示すことわり、どんな好物でも過剰にあればゲップが
出る、の典型的な例だったのかもしれません。

さて、それから61年の人生で、2年ほど父親の転勤先の四国
は高松、そして7年間のドイツ留学を除いて東京で暮らして
来ましたが、今まで一度も渋谷駅前のハチ公で人と待ち合わせた
ことがありませんでした。

親しくしているブロガーのDさんが今度東京に行くので会おう
ということになり、じゃあ、ハチ公前で会いましょう、と答えました。


当日は晴れた日曜日のお昼過ぎ。渋谷駅前は例によって人が
溢れています。


ぬいぐるみでご苦労さん
Minolta AF85/1.4 初期型, F1.7, 1/250, ISO 200, -1/3
a0084757_2392722.jpg




凄く目立つなぁ。幸い顔が見えないから、写真に撮って
公開しても大丈夫^^)
ところでこういう人を何と呼べば良いのでしょうか?
昔なら、サンドイッチマン(死語かな?)ってところでしょうか?
大変な仕事だな。汗だくに違いない。
今時だから、アルバイト、いや、派遣社員かも。
すると酷い薄給だろうな。全く近頃の派遣会社は酷いものだ。
酷使して給金は雀の涙。その上交通費は出さないは、自分
の都合で仕事をキャンセルしても補償は皆無と、まるで時代
が100年ぐらい後戻りしたような悪辣さ(怒)
本当に酷い世の中になった、などと慨嘆しつつハチ公前に
到着。


なかなか来ないなぁ
Minolta AF85/1.4 初期型, F2.5, 1/500, ISO 200
a0084757_2395133.jpg




ハチ公前は待ち合わせの人で溢れています。
Dさんとは初めて顔を合わせるのだけれど、こんな人ごみ
でも不安は皆無。なぜって私たちはカメラ好き。今時
一眼を首から提げている人なんて、おいそれと居やしない(笑)
で、実際コンパクトデジカメは幾つも目の前でかざされるのです
が、一眼レフは私たち以外、終に出会いませんでした。
自慢にはならないけど^^)

と、Dさんの一眼レフが目に飛び込んできて「あっ、Dさん、
こんにちわ。やっぱり直ぐわかりましたね」ということで、
先ずは遅いお昼をご一緒することにしました。


鰻丼のランチ
Ricoh GR Digital, F2.4, 1/52, ISO 400, -1/3
a0084757_23114432.jpg




少しでも静かな処を(これが渋谷では至難の業、苦笑)、と思い
矢張り駅前にある東急プラザ9階の松川という店で、どうせ値段
が張るなら鰻にしようと、少しリーズナブルなランチでこれを食べ
ました。2000円弱です。

食欲が勝って、構図もへったくれもなく(苦笑)、ただただGRDを
出して1度シャッターを押しただけのはしょり撮影^^)


Dさんはコイン・ロッカーに入りきらなかった荷物があるし、東京
に余り長く留まれないし、ということで、歩き回っての写真撮影
の方は諦め、ここで歓談して粘りました。

さすがに長く成り過ぎるのはお店に悪いかとも思い、今度はカフェー
にでもと場所替え。


シュークリーム
Ricoh GR Digital, F2.4, 1/30, ISO 400, -1/3
a0084757_23101553.jpg




お店は渋谷マークシティ4階のルカフェブルー。
美味しかったけれど、ちょっと濃厚で重い。ここはそれに珈琲や
紅茶が1杯500円で高い。マークシティ内の店の欠点は、どこも
狭くて、ちょっとうるさい。矢張り新しく出来た店はどれも
「やらずぶったくり」が多いようで。東急プラザの方がましですね。


ハンマー音頭!!
Ricoh GR Digital, F2.4, 1/52, ISO 400, -1/3
a0084757_23121340.jpg




これはDさんがわざわざ遠い旅路をものともせず、抱えて来て
くれたお土産(喜)
ハンマー音頭にはハンマー音頭を、ということで(意味不明)
これ、一種の胡桃割りです。で、写っている豆はマカデミアン・
ナッツだそうです。
Dさん、遠路はるばるありがとう。

ところで今日は、まるでらっこさんのブログみたい(笑)
[PR]

by hanmaondo | 2007-10-31 23:18 | オフ会