ハンマー音頭の写真日記

hanmaondo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

ユズリハの実

a0084757_1892193.jpg


ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木
ユズリハは長くて大きな葉が車輪状に付いていること、それから、葉と枝を結ぶ比較的に長い葉柄が、この写真ではそうなっていませんが、赤くて葉の緑と好対照をなしていることなどから目立つ木です。自宅の近所を散歩していて、見つけました。その葉の下側に黒紫色の小さな丸い実が幾つも付いて、赤い実ほどではないですが、これも目立ちます。

羊歯植物のウラジロとならんでお正月の縁起物として使われています。鏡餅ではウラジロやユズリハが半紙と餅の間に置かれて一種の下敷きに使われていたり、また餅の上に置かれるダイダイの下に置かれたりしていたようです。

ユズリハは春に新しい葉が出て古い葉と入れ替わるのですが、新しい葉が出揃うのを待って古い葉が一斉に落葉する様が、家の存続を願う昔の人々の気風に合ったらしく、子孫繁栄を象徴しておめでたいと思われたようです。


2010年11月13日八王子市別所
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-30 20:38 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 11月 29日

ミヤマタマゴタケ

a0084757_18405869.jpg



ミヤマタマゴタケは発見されたのがごく最近で、そのために図鑑に載っていないキノコです。
それと分かって探したら、多摩丘陵では結構出逢いました。きっと、これまでも何度も出逢っているのでしょうね。でも、初心者のハンマー音頭は違いも分からず、ツバがあるのにツルタケとかと勘違いしていたのでしょう。

a0084757_18411881.jpg



日本では4000種ほどのキノコがあるといわれています。まだまだ、新種が発見されることになるのでしょう。

手元の図鑑は、1200種ぐらいしか掲載していません。とても足りません。でも、数多く扱えば良いというものでもない、ということに最近ようやく気付きはじめました。

載せている写真の出来で印象が違ってきます。
通り一遍の解説では、記憶に残りません。記述の巧拙は、初学者にとって決定的な意味を持っていると思います。その結果は・・・   幾つも図鑑を買い込むことになるのです(泪)


最後の写真は、ミヤマタマゴタケに似ているのだけれど、なんとなく違うキノコです。ツバが3つも!?
これでもミヤマタマゴタケでしょうか? どなたか分かったら教えてくださると助かります。

a0084757_18414047.jpg




1枚目と2枚目:2010年10月17日 八王子市南大沢 清水入緑地
3枚目: 2010年10月29日 八王子市堀之内 東京薬科大学構内
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-29 19:19 | キノコ
2010年 11月 27日

樅(モミ)

a0084757_18542482.jpg




裏高尾に「いろはの森」という場所があって、そこには木々に名札が付いている、という話しです。
それはいい、自然の中の樹木図鑑だ。すごく覚え易いに違いない、と樹木の名前がさっぱり分か
らないハンマー音頭は大喜び。さっそく出かけました。

写真が樅の木です。今日のことですから背景は紅葉しています。
ハンマー音頭には名札が付いていなかったら樅だかツガだかトウヒだか、きっとさっぱり分からな
かったことでしょう。

樅は松の仲間です。幹が真っ直ぐに伸びて姿が優美なため、丘の上にぽつんと1本だけ立って
いようものなら、ほとんど神々しい姿。で、神が宿っているにちがいないと尊崇を受けたりしていま
す。ただ、余り長生きせず、150年ぐらいで枯れてしまうとか。もっとも兵庫県には1000年樅と
呼ばれる神木があるとか。

材としては柔らかく加工しやすいのですが狂い易いために保存性がなく、棺おけとか卒塔婆ぐらい
に使われていたようです。

「樅の木は残った」という小説がありますが、仙台は樅にとっては少し寒すぎるかもしれません。
作者はその優美な姿に惚れたのでしょうが、少し思い違いがあったかもしれませんね。
分布は東北も南部以南、それに太平洋側に多いようです。

ところで樅の木はドイツ語のTannenbaumの訳語に充てられていますが、日本の樅とは少し
違うようです。ここら辺の違いは難しくて専門用語と専門知識がないとドイツ語で読んでいても
さっぱり分かりません(汗) 少しは樹のことが分かるようになったら解明してみたいですね。
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-27 21:24 | 樹木
2010年 11月 18日

正山寺から横山の道へ

1 横山の道に見る椚(クヌギ)
a0084757_2128218.jpg



久しぶりに町田北部にある多摩丘陵は押越の正山寺を起点に里山を歩きました。

横山の道は、万葉集にも記載されたいにしえの古道を整備して復活させたものです。


2 山茶花
a0084757_21304117.jpg



この日は自宅から車で10分ほど南下して町田北部の小山田にある正山寺に至り、そこ
から自宅方向(北)に歩いて多摩市と町田市の境をなす尾根の登り、尾根筋を南西に辿って
途中からもと来た正山寺へと戻る、というルートを取りました。

3 藪蘭の黒い実
a0084757_21329100.jpg



持って行ったレンズはミノルタAF100/2.8 Macro初期型1本だけ。花ももうないし、高い処に
ある赤い木の実でも撮ろうかと考えたのです。

4 コセンダングサ群落
a0084757_21324838.jpg



歩く途中、目に付いたものを幾つか撮りました。11枚ほどご覧下さい。


5 金水引(キンミズヒキ)の実
a0084757_21332544.jpg




6 オニノゲシ?
a0084757_21342853.jpg



7 ヤマトシジミ
a0084757_2135889.jpg




8 ツルボの実
a0084757_2136072.jpg



9 タツナミソウの実?
a0084757_21365024.jpg



10 仙人草の実
a0084757_21372841.jpg




11 ツリガネニンジン
a0084757_21381745.jpg

[PR]

by hanmaondo | 2010-11-18 21:09 | ご近所シリーズ
2010年 11月 16日

東京薬科大学から平山城祉公園へ

1 曙杉も色づき始めました
a0084757_20451475.jpg



友人等と奥多摩むかし道を遊覧した1週間後の日曜日、近所の平山城祉公園を散歩しました。
平山城祉公園へは、足繁く訪れる東京薬科大学の構内を通り抜けて行きます。8枚ほど写真を
ご覧下さい。


2 一際赤い蔦の絡まる楠と池のむこうのカエデを横目に通りすぎます
a0084757_1844167.jpg



3 銀杏がはらはらと落ちるのを見ながら平山城祉公園へ
a0084757_18444059.jpg



4 赤い実の形と葉の形から臭木と思われます
a0084757_20475449.jpg



5 公園は主に雑木林で色合いに乏しく晩秋を感じます
a0084757_184541.jpg



6 ニガクリタケ
a0084757_2049892.jpg



これが、近頃毒キノコ騒ぎで新聞をにぎわしたニガクリタケです。私としては黄色が勝る
ニガクリタケは比較的区別しやすいキノコなのですが、キノコはどれも個体差が激しく
他の似たキノコと混ざっていれば区別が難しくなるのは理解できます。


7 公園中ほどの谷へ降りる道
a0084757_18452642.jpg



8 冬桜?
a0084757_2050293.jpg



晩秋に咲いて一重の花びらを見れば、フユザクラかなと思います。それに対して十月桜
は八重咲きのようです。

平山城祉公園は幸いにも「開発」から取り残された里山の一部を自然公園としたものです
から、草木の他に特に見るものはありません。それに草木も地味なものが多く、ここに揚げた
写真で色合いがあるものは概ね東京薬科大学構内のものです。さすがに薬科大学ですね。
変化に富んだ植栽を作り出すのはお手の物。撮る私としても、ついついそちらに気をとられて
シャッターを押してしまうというわけです。
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-16 21:18 | ご近所シリーズ
2010年 11月 14日

奥多摩むかし道


1 奥多摩湖
a0084757_14154177.jpg




一年に何日もない秋晴れの土曜日、友人らと4人で奥多摩むかし道を歩きました。

11月最初の土曜日ともなれば、そろそろ紅葉が見ごろになってもおかしくないな、と考えて都心よりも4度は気温が低い奥多摩を選んだのです。


登ると4時間、降ると3時間だとものの本に書いてあったので奥多摩湖まで車で行き降ることにしました。


2 中山集落から見る紅葉
a0084757_14173257.jpg



コースは降る一方かと思ったらさにあらず。最初だけ少し登ります。登りきると奥多摩湖が見下ろせるビューポイントが中山の集落に至る前に2,3現われます。

この日は紅葉には少し早かったようで、カエデはまだ青々としていました。2枚目は、これが精一杯に紅葉した山の斜面。奥多摩は植林が進んで杉や檜の単生林が多いので、この斜面なんか大したものです。


3 渓流沿いの散策路
a0084757_14193515.jpg



杉や檜の単生林が大っきらいで渓流沿いのコースを選びました。これは東京都民の水源となる多摩川です。



a0084757_14214910.jpg



奥多摩むかし道は旧青梅街道です。現在の青梅街道には自動車が唸りをあげて走っています。旧青梅街道は現在、数少なくなった地元の人たちの生活道路で歩いているのは我々のようなハイキング客ぐらいです。若いカップルや中高年グループが次々にやってきて、人々を眺めているだけでも飽きません。

旧青梅街道は昔、裏甲州街道とよばれ、甲州街道より少し険しいけれど甲府までの距離が若干短いので「木枯らし紋次郎」さんならきっと此方を通ったことでしょう。ところで途中、歯痛の神様とか耳の病気に霊験あらたかな道祖神とか出てきて退屈しません。昔の街道を長閑に歩きます。


5 紅葉はどこ?
a0084757_14221757.jpg



途中ひっしで紅葉を探します。でも、せいぜい、この程度。


6 今回唯一の赤くなったドウダンツツジ
a0084757_14224458.jpg





7 打ち捨てられたトロッコ軌道
a0084757_1423563.jpg



今日の出発点である奥多摩湖の小河内ダム(おごうちだむ)が作られた時、資材を送り込むために鉄路が敷かれました。完成までの4、5年しか使われなかった鉄路の残りを今も見ることが出来ます。


8 むこうの斜面
a0084757_1423339.jpg



むこうの斜面にこんな具合に集落が見えるとJR奥多摩駅(旧氷川駅)はもうすぐ。案内書は下り3時間のコースだといっていますが我々爺さん連中は昼飯時間も入れて5時間半ほどかけました。
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-14 15:07 | ちょっとお出かけ
2010年 11月 02日

フサタケ



a0084757_20162782.jpg




近所にある里山を自然公園とした長池公園で、何時もの様にキノコを探して見つけました。
今振り返ると10月中旬ごろがキノコの最盛期だったようです。あれから2週間以上が経って
数もはるかに少なく、老菌が目立ちます。

沢山の枝のように伸びた先が針のように尖っているフサタケは、比較的同定し易いキノコだと
思います。小楢を主とする雑木林の林縁で見つけました。枯れ枝や地中の木片から生えだして
いるようです。

シロソウメンタケ科フサタケ族フサタケ

2010年10月12日八王子市別所 長池公園
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-02 20:44 | キノコ