<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

姫楮(ヒメコウゾ)の実

1 裏から
a0084757_17423849.jpg




ヒメコウゾの実は、とても食欲をそそる色をしていて、実際食べることができる木苺の1つです。
でも、口に入れると、ちょっとがっかり。


2 表から
a0084757_17425278.jpg



幼い頃に食べた木苺といえばモミジイチゴ。あの味に遠く及びません。
口にすると、少しばかり何か小さな硬いものが残ります。大したことは
ないのですが、少し興ざめ。後味が少し悪いのですね。


ヒメコウゾの雌花は、とても変わった形をしています。これも見てやってください。去年の6月12日の記事で扱っています:姫楮 (ヒメコウゾ)




2011年6月28日町田市野津田公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-31 16:07 | 当てずっぽう植物図鑑
2011年 07月 21日

キノコや粘菌に惹きつけられた理由

1モミジウロコタケ?
a0084757_17212397.jpg



キノコや粘菌に惹きつけられた理由は、その特異な姿や時と共におどろおどろしい雰囲気にあります。

異様な姿に驚いて(あるいは感動して)惹きつけられてしまうのです。

2 エダナシツノホコリ?
a0084757_1723352.jpg



エダナシツノホコリではないか、と考えはしましたが、保証のかぎりではありません。
変形菌とよばれるものですが、ど素人の私はキノコの一種と最初は捉えました。でも、
変形菌は移動することができ、子実体もどんどん様変わりしていきます。そのうえ、
おおむね1、2ミリの大きさですから、比較的数多く存在しているのにもかかわらず、
発見するのには、それを見る目を養う必要があります。


3 
a0084757_17234468.jpg



これも変形菌でしょうね。ツノのように伸びているところが特異で、とても変わって
いると思うのは私だけでしょうか。

キノコのようでもあり、移動することから動物のようでもあり、不思議な生き物です。
原生生物のようですが、私にはただただクエッションマークの連続です(笑)

自然は、本当に豊かで多様で不思議さに満ちていますね。



2011年6月28日町田市野津田公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-21 22:32 | 粘菌
2011年 07月 15日

裏高尾・木下沢に涼を求めて

1 木下沢(こげざわ)
a0084757_14292732.jpg



木下沢は高尾山の北側、裏高尾と呼ばれるところにあります。


a0084757_20512852.jpg




梅雨明けしてからの連日の猛暑に耐えかねて、ハンマー音頭は涼を求めて出かけることにしました。



a0084757_20541999.jpg



駐車したのはこんな処。まだ7時前ですから朝日が差し込んでいます。


4 タケニグサ
a0084757_20553891.jpg



山側の法面には2メートルを超えるタケニグサの花。


5 マムシグサ
a0084757_20584245.jpg



谷川側にはマムシグサ。


6 影信山(かげのぶやま)への分岐
a0084757_2052445.jpg



どもまでも日陰を求めてこんな処で大休止。もちろん影信山に登って汗をかくようなまねはしませんでした。


7 ハナオチバタケ
a0084757_20593128.jpg



そこでふと見ると微細なキノコ。あまりに小さいのでトリミングして拡大しています。
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-15 17:09 | 山と渓谷
2011年 07月 04日

雨宿り


a0084757_1844778.jpg



雨が降ると葉裏にいろいろな虫たちが雨宿りをしています。



a0084757_1845211.jpg




八王子にある平山城址公園の雑木林のなかの一コマ。



a0084757_18443928.jpg




「ヒロオビトンボエダシャク」という蛾の仲間だと、虫にくわしい友人が教えてくれました。
「トンボエダシャク」も素人である私には全く同じに見えるようです。トンボのように胴が長いことから付いた名前と思われます。

このトンボエダシャクの仲間にとっては、雨宿りする葉の幅が茎のように狭かろうが広かろうが、いっこうに気にならないようですね。
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-04 19:41 | 昆虫