2010年 12月 10日

裏高尾・日陰沢

1 日陰沢
a0084757_13325899.jpg



赤いペンキでマーキングされている岸辺に立つ茶色の細い木は、アブラチャンです。
1株なのに地面から何本もの幹が出ているように見えます。これを造園などでは「株立ち」
というようで、盆栽では好んでわざわざ株立ちさせるようにもしているようです。株立ちの
対極は1本立ちでしょうか?


2 フユイチゴ
a0084757_13344752.jpg



フユイチゴは食べられます。でも、一度一碧湖で口にして気分が悪くなりました(汗)
人や犬が沢山通るところだったので、なにか良くない物質が付着していたのかもしれ
ません。



a0084757_13352611.jpg



ミシェランがとりあげて、益々人出が多くなった高尾山(599m)は、東京もんは誰でも
小学校の遠足で訪れたことがある低山です。

上るコースはいくつかあります。今回はメインのルートを避けて高尾山の北側にある
裏高尾から上りました。日陰沢ぞいを上っていきます。メインのリートに比べると
たぶん1/10ぐらいの人出です。それでも10組、人数にして20人ぐらいのハイカー
と出会います。やがてメインルートに近づくと日陰沢からのルートは高尾山の尾根道の
北側を迂回していく4号路に出合います。


4 あれが4号路との合流点
a0084757_13355824.jpg



合流点でおそらく標高500メートルぐらいでしょう。あと100メートル登ると高尾山頂で
すが、そこまで行ったら人が溢れているでしょうから、止めました。

5 ミヤマシキミ
a0084757_13363024.jpg


この日、一番鮮やかな赤い色を見せてくれたのがミヤマシキミです。晩秋から初冬に
かけて山で楽しみなものは赤や青い実でしょうか。


6 4号路の桜の古木
a0084757_133658100.jpg




7 シラネセンキュウ
a0084757_13372626.jpg



シラネセンキュウは以前、同じく裏高尾の木下沢(こげさわ)でも見かけました。
シラネセンキュウは湿潤な場所を好むらしく、これも沢沿いの日陰沢林道まで
降りてきてから出逢いました。
[PR]

# by hanmaondo | 2010-12-10 18:28 | ちょっとお出かけ
2010年 12月 09日

ヤブムラサキ

a0084757_1331694.jpg



一見してムラサキシキブだと思ったのですが、近縁のヤブムラサキのようです。
良く似た園芸種にコムラサキがあります。コムラサキは良く庭先に植わっていて
紫色の小粒な実が幾つも規則正しく並んでいて、いかにも園芸種らしい可愛らしさ
です。それに対してムラサキシキブは実の付き方が疎らで、木の丈もコムラサキ
より大分に高いようです。

ヤブムラサキであると思ったのは顎が残っていて、その上にその顎が毛深かそう
な姿をしていたためです。ヤブムラサキは木全体に毛がはえているようで、触ると
それを直ぐに感じることが出来ます。


a0084757_18115248.jpg



写真を撮る時期としては少し遅かったようで、葉とともに実を撮るのに苦労しました。
多くの木で葉が枯れすぎていて変な形に曲がったりしていたからです。これは少し
ましな方。


2010年11月21日町田市図師町 神明谷戸
[PR]

# by hanmaondo | 2010-12-09 21:53 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 12月 07日

錦木(ニシキギ)の実

a0084757_13301635.jpg



錦木は枝に一大特徴がありまして、ハンマー音頭は実ではなく、枝から錦木を意識する
ようになりました。

里山を歩いていて枝に板状のものが四方に付いている低木を見つけました。「翼」と呼ばれ
ているようでコルク質で硬いです。つい手を出して、ぱりぱりと割ってしまいそう。

四方に出ているのですから、枝を切れば十字型に見えるでしょうね。でも、何のため?
この特異な形状から錦木は見分け易い樹木と思われます。但し、常に板状の翼を形成し
ているとは限らないようです。ちなみに翼を全く形成しないそっくりさんはコマユミ。そもそも
マユミとは大変近い親戚関係のようです。

11月21日に町田北部の多摩丘陵にある神明谷戸でこの実を見た時は、枝を見ることなく
何の実だろう?などとノーテンキに自問していました。

この実は焦げ茶色の顎が明瞭に残っていて、それで区別ができます。図鑑のたくさんの実を
比較して容易に錦木と分かりました。なぁんだ、枝を見たらよかった。でも、ちょっと離れていて
手前に水路があったから近寄れなかったんだよね。

錦木は秋に見事に紅葉します。これが名前の由来です。
[PR]

# by hanmaondo | 2010-12-07 21:44 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 12月 06日

神明谷戸


a0084757_1157456.jpg



11月下旬の晴れた週末、町田市北部にある多摩丘陵の神明谷戸に遊びました。
その時に目に付いたものをミノルタAF100/2.8マクロレンズ初期型ならびに風景を
リコーGR Digitalで切り取りましたのでご覧下さい。



a0084757_11573826.jpg





a0084757_11582297.jpg



4 野菊
a0084757_13193293.jpg






5 ススキ
a0084757_11583923.jpg






6 薊の仲間
a0084757_13264974.jpg





7 カワトンボの仲間
a0084757_1320139.jpg





8 ゴンズイ
a0084757_13212238.jpg




9 竜胆
a0084757_13223891.jpg



穏やかで暖かな週末でした。
多摩丘陵の谷戸は訪れる人も僅かで、静かな散策を楽しみました。

切り取った風景は、やはり自分が関心を持ったものにレンズを向けますので、目下の
自分の嗜好が出ているようです。
[PR]

# by hanmaondo | 2010-12-06 18:57 | ご近所シリーズ
2010年 12月 04日

逝く秋を惜しみます


a0084757_210832.jpg



今日の土曜日は素晴らしい天気で、空は晴れて風もありませんでした。
それでも冬の訪れをひしひしと感じる毎日です。

そこで多摩ニュータウンにある自宅付近の秋を、古いアルバムから惜しみます。
3枚ほどご覧下さい。



a0084757_2103246.jpg



こんな処です。



a0084757_2104962.jpg



そろそろ公孫樹の黄色い葉がどさっと落ちて、霜がおりた枯葉を踏みしめて行く季節に
なりますね。
[PR]

# by hanmaondo | 2010-12-04 21:07 | ご近所シリーズ