タグ:実 ( 23 ) タグの人気記事


2011年 07月 31日

姫楮(ヒメコウゾ)の実

1 裏から
a0084757_17423849.jpg




ヒメコウゾの実は、とても食欲をそそる色をしていて、実際食べることができる木苺の1つです。
でも、口に入れると、ちょっとがっかり。


2 表から
a0084757_17425278.jpg



幼い頃に食べた木苺といえばモミジイチゴ。あの味に遠く及びません。
口にすると、少しばかり何か小さな硬いものが残ります。大したことは
ないのですが、少し興ざめ。後味が少し悪いのですね。


ヒメコウゾの雌花は、とても変わった形をしています。これも見てやってください。去年の6月12日の記事で扱っています:姫楮 (ヒメコウゾ)




2011年6月28日町田市野津田公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-31 16:07 | 当てずっぽう植物図鑑
2011年 01月 21日

隠れ蓑(カクレミノ)の実

a0084757_17144314.jpg



昨年12月に上柚木公園を歩いていて撮った隠れ蓑の実です。途中まで掲載準備そ進めて、そのままにしておいたものを遅ればせながら公表いたします。

a0084757_1715451.jpg



隠れ蓑の葉は、一定でなく、よくある楕円形のものもあれば、ご覧のように三つ葉形式のものがあります。図鑑などでは「葉は三裂している」と記述されています。ものによっては五つ葉のものもあり、ヤツデの葉に似てきます。なにしろ同じ仲間のウコギ科の常緑樹ですから。

隠れ蓑とは不思議な名前です。葉がさまざまな形に変容するから、そう呼ばれたのかと思ったのですが、なんでも三つ葉の形が天狗の蓑に似ているから、とか、枝先に集中して付く葉がこんもりとして蓑のように見えたから、とか、説得力がない説明がなされています。名付け親に訊かないと分からないですね。でも、御伽噺でしか縁が無い隠れ蓑の名称は、なんとなくユーモラスに響き、嫌いではありません。
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-21 18:20 | 樹木
2011年 01月 21日

楠木の黒紫色の実

a0084757_1713366.jpg





2010年12月11日八王子市 上柚木公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-21 18:20 | 樹木
2010年 11月 30日

ユズリハの実

a0084757_1892193.jpg


ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木
ユズリハは長くて大きな葉が車輪状に付いていること、それから、葉と枝を結ぶ比較的に長い葉柄が、この写真ではそうなっていませんが、赤くて葉の緑と好対照をなしていることなどから目立つ木です。自宅の近所を散歩していて、見つけました。その葉の下側に黒紫色の小さな丸い実が幾つも付いて、赤い実ほどではないですが、これも目立ちます。

羊歯植物のウラジロとならんでお正月の縁起物として使われています。鏡餅ではウラジロやユズリハが半紙と餅の間に置かれて一種の下敷きに使われていたり、また餅の上に置かれるダイダイの下に置かれたりしていたようです。

ユズリハは春に新しい葉が出て古い葉と入れ替わるのですが、新しい葉が出揃うのを待って古い葉が一斉に落葉する様が、家の存続を願う昔の人々の気風に合ったらしく、子孫繁栄を象徴しておめでたいと思われたようです。


2010年11月13日八王子市別所
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-30 20:38 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 02月 05日

黒鉄糯(クロガネモチ)



a0084757_21271452.jpg




モチノキ科モチノキ属の黒鉄糯は、常緑広葉樹としては比較的剪定に耐えるので、好んで庭木や街路樹に植えられています。自然の中では明るいところを好むので尾根筋に見られることが多いとか。

この黒鉄糯は、公園にありましたが、小野路の道路で街路樹としてずらっと並んでいるのを見たことがあります。晩秋か初冬あたりに赤い実を沢山つけていて、とてもきれいですね。


2009年12月27日多摩市連光寺 桜ヶ丘公園
[PR]

by hanmaondo | 2010-02-05 21:53 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 01月 29日

車輪梅(シャリンバイ)



a0084757_7415319.jpg




バラ科シャリンバイ属車輪梅は、本来海岸に生えている常緑低木ですが、大気汚染や刈り込みに強く、公園や街路によく植えられています。写真の車輪梅も同様で、近所の散策路にありました。公園や庭と変わりませんね。


2009年12月16日八王子市別所
[PR]

by hanmaondo | 2010-01-29 15:42 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 01月 22日

ヒマラヤトキワサンザシ



a0084757_7445634.jpg


2009年12月16日八王子市別所




ヒマラヤトキワサンザシか、それともトキワサンザシか、良く分からない、とうのが本音です。
見分けるのは、誰にとってもかなり難しいようです。これらにタチバナモドキを混ぜて、ピラカンサの
名称で済ます、という手があるようです。

それでもヒマラヤトキワサンザシにした理由がありまして、これが新興住宅街の中にある通路の際に植えられているものだからです。つまり、園芸品種として植えられたものですね。すると、色の鮮やかさとか実が集まった姿などが一番見栄えがすると言われているヒマラヤトキワサンザシの方が好まれて植えられるだろう、と当たりをつけました。そっくりのトキワサンザシもヒマラヤトキワサンザシも外来種で、前者は明治時代に、後者は昭和初期に渡来しました。商売というものは、新しい方を取る、と独断と偏見で推量したわけです。なんとも、非生物学的同定ではあります(笑)
[PR]

by hanmaondo | 2010-01-22 21:52 | 当てずっぽう植物図鑑
2009年 12月 26日

唐鼠糯(トウネズミモチ)



a0084757_2154475.jpg



鼠糯(ネズミモチ)の次は唐鼠糯です。両者は瓜二つです。そこで区別するために、中国原産ということで「唐」の字を頭に付けました。7世紀の唐が右代表というのも分からないではないですね。試しに秦ネズミモチとか、隋ネズミモチとか付けてみると、そのわけがわかります。清ネズミモチでなく唐ネズミモチに落ち着いたのも、もっともでしょう。

全く同じに見える葉ですが、唐鼠糯の方が少し大きいそうです。それから、葉裏から陽にかざすと、側脈と呼ばれる、真ん中に太く1本通っている主脈からいくつか伸びている細い脈が透けて見えるそうです。鼠糯の方は主脈が透けても側脈は全く見えません。

ハンマー音頭にとっては、実が見分ける助けになります。鼠糯の実が楕円形なのに対して唐鼠糯は丸く見えます。その上に、唐鼠糯の実はとても沢山付きます。鼠糯はちらほらとしかないのとは大違いです。それから鼠糯の実の紫黒色には、比較問題ですが光沢がありません。

唐鼠糯は明治初期に渡来して、公園や路側帯に植えられました。成長が早く、やがて鼠糯にとって代わられたようです。


2009年12月16日八王子市別所
[PR]

by hanmaondo | 2009-12-26 22:57 | 当てずっぽう植物図鑑
2009年 12月 26日

鼠糯(ネズミモチ)



a0084757_22365185.jpg



モクセイ科イボタノキ属
良く似た唐鼠糯(トウネズミモチ)は中国原産で大木になるのに、鼠糯は5メートルぐらいで低木と呼ばれてしまう。いかにも日本の在来種(笑)

それにしてもなんで「鼠」なんだ、というその理由が紫黒色の果実。鼠の糞に似ているんだそうです。我がジェネレーションは、ああ、なるほど、と納得ですが、近頃の若者は鼠の糞を見たことが無い、と生物学の先生が嘆いていました。

初夏に白い花を沢山付けます。秋には紫黒色で楕円形の実を実らせます。葉は厚く鋸歯(きょし)と専門家が呼ぶギザギザがありません。秋に枯れず冬を常緑ですごします。この葉の質感がモチノキに似て、実が鼠の糞のようなので鼠糯という名が付けられたとか。

ところで鼠糯の分布は中部以南の本州と四国、九州だそうで、それも主に太平洋側と言いますから、結構暖かな気候を好むのでしょう。これは都心ですから、その分布に反します。温暖化?いえいえ、公園ですから、わざわざ植えたのでしょうね。


2009年12月9日東京都港区南麻布 有栖川宮記念公園
[PR]

by hanmaondo | 2009-12-26 22:33 | 当てずっぽう植物図鑑
2009年 12月 25日

衝羽根柿(ツクバネガキ)



a0084757_15252252.jpg





a0084757_1526369.jpg





a0084757_15263752.jpg



初めて見たので何の実か、さっぱり分からなかったのですが、植物に詳しい友人が教えてくれました。萼が衝羽根の形をしているので衝羽根柿と名付けられたそうです。そう言えば、如何にも柿の仲間らしい姿をしていますね。中国原産です。1940年代に渡来。中国名が老鴉柿なので、ロウアガキまたはロウヤガキとも呼ばれています。カキノキ科カキノキ属。良く鉢植えまたは庭木で見られるそうです。


2009年12月12日 八王子市堀之内 東京薬科大学薬用植物園
[PR]

by hanmaondo | 2009-12-25 21:23 | 当てずっぽう植物図鑑