タグ:樹木 ( 44 ) タグの人気記事


2012年 02月 06日

お知らせとお詫び

a0084757_21102790.jpg


                  冬のコナラ林            2012年2月4日東京都町田市下小山田町



ながらくブログを中断いたしましたことを、皆様にお詫びいたします。その上に、多分心配をかけたのではないかと危惧いたしております。誠に恐縮です。

半年に及ぶ中断には、健康問題、家庭問題に加え、団塊世代に属するハンマー音頭の定年退職などが絡みまして、これまでのようなスタイルでブログを続けることができなくなったためです。

今後は、不定期ですが、これまでとは違うスタイルで再会したいと考えております。それが、どんな形をとるのか、自分でもよくわかりません。なるようになる、ともかく続けてみよう、の精神で改めて皆様にご挨拶いたします。

時間と暇がありましたら、また付き合ってみてください。


写真は武蔵野を代表する雑木林。その雑木林の中核を形成するコナラです。落葉広葉樹ですから真冬の今、葉は一枚も残っていませんが、此処町田北部の多摩丘陵で歩けば必ず踏みしめている枯葉の半分は、このコナラのものです。薪と炭に用い、椎茸のホダ木となり、枯葉は田んぼや畑の肥やしとなり、里山にはなくてはならない木です。

ついでながら、半年前にアップしようとした野津田公園の記事も、未完成ながらそのまま同時にアップいたします。


ハンマー音頭 拝
[PR]

by hanmaondo | 2012-02-06 21:30 | その他
2010年 12月 07日

錦木(ニシキギ)の実

a0084757_13301635.jpg



錦木は枝に一大特徴がありまして、ハンマー音頭は実ではなく、枝から錦木を意識する
ようになりました。

里山を歩いていて枝に板状のものが四方に付いている低木を見つけました。「翼」と呼ばれ
ているようでコルク質で硬いです。つい手を出して、ぱりぱりと割ってしまいそう。

四方に出ているのですから、枝を切れば十字型に見えるでしょうね。でも、何のため?
この特異な形状から錦木は見分け易い樹木と思われます。但し、常に板状の翼を形成し
ているとは限らないようです。ちなみに翼を全く形成しないそっくりさんはコマユミ。そもそも
マユミとは大変近い親戚関係のようです。

11月21日に町田北部の多摩丘陵にある神明谷戸でこの実を見た時は、枝を見ることなく
何の実だろう?などとノーテンキに自問していました。

この実は焦げ茶色の顎が明瞭に残っていて、それで区別ができます。図鑑のたくさんの実を
比較して容易に錦木と分かりました。なぁんだ、枝を見たらよかった。でも、ちょっと離れていて
手前に水路があったから近寄れなかったんだよね。

錦木は秋に見事に紅葉します。これが名前の由来です。
[PR]

by hanmaondo | 2010-12-07 21:44 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 11月 30日

ユズリハの実

a0084757_1892193.jpg


ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木
ユズリハは長くて大きな葉が車輪状に付いていること、それから、葉と枝を結ぶ比較的に長い葉柄が、この写真ではそうなっていませんが、赤くて葉の緑と好対照をなしていることなどから目立つ木です。自宅の近所を散歩していて、見つけました。その葉の下側に黒紫色の小さな丸い実が幾つも付いて、赤い実ほどではないですが、これも目立ちます。

羊歯植物のウラジロとならんでお正月の縁起物として使われています。鏡餅ではウラジロやユズリハが半紙と餅の間に置かれて一種の下敷きに使われていたり、また餅の上に置かれるダイダイの下に置かれたりしていたようです。

ユズリハは春に新しい葉が出て古い葉と入れ替わるのですが、新しい葉が出揃うのを待って古い葉が一斉に落葉する様が、家の存続を願う昔の人々の気風に合ったらしく、子孫繁栄を象徴しておめでたいと思われたようです。


2010年11月13日八王子市別所
[PR]

by hanmaondo | 2010-11-30 20:38 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 24日

栗の花


a0084757_212626100.jpg




栗の花を見ていると、自分がなんにも知らない阿呆だな、とつくづく思います。
この木と花が栗だと分かったのは、これが人の手によって谷戸に作られた栗林にあった
から。
花は6月に咲くものとして、他の木々のものに良く似たものが多いです。多分、どれも
ブナや小楢、クヌギなどの仲間でしょう。森の中でそんな木々が並んでいたら、多分
区別ができないでしょう。

栗の木は雌雄同株だそうですが、これが雄花なのか雌花なのか、知りません(汗)
葉の形はクヌギに良く似ているそうです。専門家はそれでも即座に見分けるポイントを
知っているようです。

栗は古代から食用として、また、建材として重要なものだったようです。縄文時代には
人手をかけて栽培もしたと言われています。茨城の鹿島神宮では、8世紀に大量の杉と
ならんで、栗の木を数千本植林しています。腐り難い木材として、再建時に土台付近に
使ったのでしょうか?

栗の木は梅雨時に花を付けるそうで、独特の匂いがあるらしいのですが、鼻が利かない
ハンマー音頭は全く気付きませんでした。季節感を、強く感じるものらしいのですが、それ
と分からないと、随分損をした気分です(笑)

2010年6月13日町田市小野路町 布田道
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-24 22:19 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 19日

梅雨時の暑さに



a0084757_23563836.jpg




今日6月19日、南アフリカで行なわれた対オランダ戦に日本代表は惜敗しました。
残念でしたね。私は今日、雨が午前中にあがったのでお昼頃、出かけてみました。
そうしたら暑くて暑くて、ちょっと熱中症みたいになり、帰ってからずっと寝てました。
寝ながらサッカーを見ていたら、ブログを更新する時間が足りなくなった(汗)

で、ちょっと前の写真を載せてお茶を濁します(笑)
これでも花です。黒花蝋梅(クロバナロウバイ)といいます。


2010年5月29日 東京都八王子市堀の内 東京薬科大学薬用植物園
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-19 23:55 | その他
2010年 06月 16日

山榛の木 (ヤマハンノキ)



a0084757_21183559.jpg




町田市北部にある野津田公園の、昔は茅場であった小さな丘の一角に1つポツンと立ってい
ました。なにやら緑色の実のようなものが枝先に幾つか付いていて目立ちます。名前が
分かったのは名札が付いていたから(^^)

山榛の木は砂防や造成地の緑化に利用されています。その理由は根に根粒を作って
根粒バクテリアと共生し窒素分が少ない土地でも成長できるからです。また、山葵田の
庇陰樹として植えられているそうですから、中伊豆に行くと出逢えそうです。

写真に見える緑色の実のようなものは実ではなくて雌花のようです。長いのもあるので
すが写真には写っていません。写っていない長いものは雄花で、雄花も雌花も秋ごろ
から形成され3月から4月にかけて花開くようです。私がこれを撮ったのが5月末ですから
もう花期は終わっているのですね。長い雄花はとっくに姿を消し、受粉した雌花だけが
残っているのでしょうか。これがやがて実になっていくのでしょう。ちなみに実は松かさ状で
数個が一箇所にかたまって付くそうです。

その実や樹皮にタンニンが多く含まれ染物の染料として利用されています。



2010年5月30日 町田市図師町 野津田公園
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-16 20:55 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 15日

車輪梅 (シャリンバイ)



a0084757_2121481.jpg



近所にある東京薬科大学の構内を歩いていて出逢いました。
バラ科の落葉低木です。
比較的暖かい地方の海岸地帯に多く、汐風に強いので海岸の崖
の上の日当たりの良いところに見られるというのが車輪梅の本来
の姿でしょうか。

潮害に強いだけでなく、乾燥や大気汚染にも強く、その上に刈り込み
にも耐えるというので公園や街路の分離帯などに盛んに使われて
いるようで、私たちにとっても日常的に出逢える木の1つと思われ
ます。

車輪梅の葉は枝先に集まって付き、それが車輪のよう、それに梅
のような花が咲くので車輪梅と名付けられたようです。

いかにもバラ科らしい白い花は5月に咲きます。黒紫色の実が
なり、秋から冬にかけて熟します。

薬科大学に植えられているのですから、何か薬効があるに違いな
いと思うのですが、薬用植物としては大したものではなさそうで
ネットで検索しても出てくる記述は限られています。

ともあれ車輪梅の葉には消炎作用があるそうで、煎じた汁(つまり
濃く出したお茶みたいなもの)を炎症部分にかけて洗浄するのに
使うそうです。また、打撲にも用いるとか。



2010年5月29日 八王子市堀の内 東京薬科大学薬用植物園
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-15 20:34 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 13日

小小坊(シャシャンボ)



a0084757_2112583.jpg




シャシャンボの白くて壷状の花が幾つも房状に垂れ下がっているのを見て、あれ?これ
は初めてだな、と東京薬科大の構内を歩いていて思いました。早速数枚撮ったのですが、
低木とは言え、ある程度の高みに咲いているので77mmではこの写真が精一杯。

ツツジの仲間だそうです。本州では痩せて乾燥した沿岸部に普通にあるといいますから、
瀬戸内海あたりの松林で大いに出逢えそうです。

名前の由来はササンボから。小さな赤黒い実を沢山生らすようです。この実をササンボと
呼んでこれがシャシャンボと訛ったようです。


2010年5月29日 八王子市堀の内 東京薬科大学薬用植物園
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-13 17:32 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 13日

姫五加(ヒメウコギ)



a0084757_20592532.jpg



オカウコギやヤマウコギとあるようで、どれも薬効がある薬用植物のようです。


2010年5月29日 八王子市堀の内 東京薬科大学薬用植物園
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-13 17:29 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 07日

大要糯(オオカナメモチ) 花



a0084757_19331764.jpg




以前の記事で葉だけを扱った大要糯。今回は花をご紹介いたします。



2010年5月16日 八王子市別所 
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-07 18:33 | 当てずっぽう植物図鑑