タグ:渋谷 ( 41 ) タグの人気記事


2009年 06月 13日

雨の通勤




雨の通勤は辛いけど、悪いことばかりではありません。
雨の雫が洗い流してくれた風景は、一味違います。

渋谷駅前から、広尾・南麻布の職場近くの公園まで、ざっとご覧下さい。
いずれも一度はお目にかけた風景ばかりなのが恐縮です。それだけ付き合いも長くなったということで(^^)



1 渋谷駅前からのバス・内と外
a0084757_1915173.jpg



2 車窓から見る雨空
a0084757_1923398.jpg



3 蔓花茄子(ツルハナナス)
a0084757_1951323.jpg



4 サルビア・グアラニチカ
a0084757_1953350.jpg




5 花屋さんの前で
a0084757_196239.jpg



6 有栖川宮記念公園にて
a0084757_196269.jpg



7 公園内の未央柳(ビオウヤナギ)
a0084757_1964735.jpg




今回使用したカメラは徹頭徹尾コンパクトデジカメのリコーGRDです。傘を差して一眼レフなんて使えません。困ったことは、携帯傘は軽くて便利でも、小さくて濡れてしまう、というのが1つ。男性用は黒と青が大部分で、唯でも暗いのに傘を差していると益々暗くなってしまって、ISOをどんどん上げざるを得なくなることですかね。ノイズが増えるのが困ります。
[PR]

by hanmaondo | 2009-06-13 19:21
2009年 04月 21日

通勤の風景 その1・渋谷駅から広尾まで


1 京王井の頭線渋谷駅コンコースからJRへの通路で
a0084757_21144170.jpg




今日夜中に目を覚まして眠れず、未明に朝食を取り一番電車で仕事場へ向かうことにしました。久しぶりに通勤途中でスナップ写真でも撮ろうかな。それならミノルタの大口径レンズAF50/1.4初期型が軽くていいや。という装備でご出勤です。 


2 ハチ公前あたりから今降りてきた通路を振り返る
a0084757_2121321.jpg



久しぶりに街撮りをするとピンボケを連発。ありゃりゃ、俺ってこんなに下手だったか(苦笑) 1年前ぐらいには毎日の様にここら辺を撮り歩いて、慣れたものだったけれど、あの頃の方がずっとましな写真を撮っていたなぁ(嘆息)


3 ハチ公前交番のパトカーあたりからセンター街方面を望む
a0084757_21232634.jpg




ともあれ、渋谷駅からバスに乗り広尾一丁目バス停で降りて職場の近くまで、ざっとご案内します。写真は時系列で並んでいます。総て今朝の風景です。


4 宮益坂下の交差点近く
a0084757_21283393.jpg




5 渋谷駅の周りはバス停ばかり(笑)
a0084757_2125036.jpg




6 東口のあのバスで行きます
a0084757_21255141.jpg




7 広尾商店街へ抜ける道の街路樹はハナミズキ
a0084757_21275931.jpg



「広尾一丁目」バス停は、贔屓にしている蕎麦屋さんの前なんですが、職場から結構離れているので、自転車を盗まれてから行っていません(涙)

そこから広尾商店街の方へ歩いて行くと、街路樹が桜からハナミズキに替わります。


8 広尾商店街の箸屋さん
a0084757_2135431.jpg




9 マックで一休み
a0084757_21363438.jpg



かなり、ゆっくりと写真を撮りながら来たのですが、まだ早すぎます。職場に行っても誰も居なくて入れません(汗) そこで普段は入らないマックでコーヒーを飲みました。1杯120円は安い、助かる!!

ちょっと長くなったので2回に分けます。次回は昼休みの広尾です。ご期待下さい(^^)
[PR]

by hanmaondo | 2009-04-21 21:51
2008年 12月 04日

ある日のハンマー音頭 初冬通勤編



1 渋谷発新橋駅行きバスで
a0084757_1940211.jpg


写真好きは、里山を散策したり、街歩きをしたりして写真を撮るようです。その際、何を撮るかと言いますと、単純に目に付いたものを撮ります。興味を感じたものと言ってもいいですね。通勤途中だって同じことです。ただ、毎日同じところを歩いていると、さすがに興味は失せますから、写真を撮る状況としては厳しい。ところが、最近ルートが変わりました。

多摩ニュータウンから1時間ほども電車に揺られて漸く着いた京王線渋谷駅から、職場のある広尾・南麻布まで自転車で通っていたのですが、11月のある朝何時も置いておいた場所に行ってみると無くなっていました。どうやら盗まれたようです。

路上駐輪ですから今までも色々なことがありました。何年かに1度盗まれるのも計算のうえです。仕方が無いので暫くバス通勤となります。自転車に比べると倍の時間と30倍ぐらいの費用が掛かります(笑) それでもルートは全く別になりますので、暫く撮っていなかった通勤途中の風景を撮ることにしました。そう、物事には必ず両面があり、悪いことばかりではないのです。


2 バス停広尾病院前の公園を抜けて
a0084757_19413298.jpg



広尾病院前で降りて、目の前にある公園を突っ切ります。そこに並んで立つ、これは桜でしょうか、が紅葉しているので、腕を伸ばしてなんとか一番下の枝についた葉をノーファインダーでマクロ撮影しました。本来、10本程の桜が並んだ様を背景に見せたかったのですが、失敗のようです。出来不出来はともかく、このように何らかのイメージを抱いて写真の絵を描きます。


3 山茶花の小径
a0084757_1942255.jpg



公園を抜けると細い路地。一重の白い山茶花が咲いているのを見つけてパチリ。花のような鮮やかで美しい自然に出会うと、構図もイメージもあらばこそ、それだけを撮ってしまいますね。ここに花の写真が退屈なものになる原因があります。


4 商魂の森
a0084757_19432923.jpg



スーパー「ナショナル」の横にある花屋さんの前です。12月に入り、売り物のクリスマス・ツリーが登場です。


5 朝陽に輝く
a0084757_19435981.jpg


そこを後にすると有栖川宮記念公園の木々が朝陽に輝いていました。未だ8時前です。


6 ブレブレ・ツリー
a0084757_19443675.jpg



この日職場でもクリスマス・ツリーが立てられました。飾りつけは未だ豆電球だけです。ちょっと油断したらブレブレ写真になりました。暗すぎたのにISOを余りあげなかったのです。そのため、1/3秒ですから、無理もありません。少し反省して撮りなおし。でも、ISOをあげてちゃんと撮れた方は少しも面白くありません。それでボツ。結局、ブレブレ・ツリーを残すことにしました。
[PR]

by hanmaondo | 2008-12-04 18:55
2008年 11月 25日

岡本太郎作「明日の神話」



a0084757_19225312.jpg
2008年11月18日 Ricoh GRD



京王井の頭線渋谷駅改札口を出てJRや地下鉄の改札口へと連絡する陸橋に通勤客の目を奪う縦3.5メートル横50メートルの巨大な壁画。岡本太郎画伯の「明日の神話」です。



a0084757_19245413.jpg
2008年11月20日 Minolta AF50/1.4 初期型



これは未だ朝の7時前ですから見物人もほとんどいなくて、閑散として見えるでしょうが日中は大変です。半端でない乗降客がつい立ち止まって繁々と見入ります。携帯で撮って写メを送るものも現われて渋滞は避けられません。



a0084757_19255418.jpg
2008年11月20日 Minolta AF50/1.4 初期型



敬愛するブロガーのギンナン会長さんが時事ネタなんだから見せろと催促してきましたので、出来の悪い写真で余りアップする気になれなかったのですが、ニュースと割り切って皆様にご覧にいれることにいたしました。




a0084757_1942433.jpg
2008年11月25日 Ricoh GRD



作品は岡本画伯が1960年代にメキシコ・シティのとあるホテルの依頼を受けて制作したものです。ところが69年にホテルに運び入れて愈々最後の仕上げをしようとした時、依頼主の財政難から未完に終わり、その後行方不明になっていたものを近年とある倉庫に埋もれていたのが発見され日本に持ち帰って修復されたのです。ここ渋谷では11月17日から一般公開されています。




a0084757_19473310.jpg
2008年11月20日 Minolta AF50/1.4 初期型



壁画が被爆した瞬間の第五福竜丸を描いています。悲惨な体験を乗り越えて再生する人間のエネルギーを表しているのだとか。(1)の写真の下の方に小さな船が見えますね。これが多分第五福竜丸でしょう。



a0084757_19505695.jpg
2008年11月25日 Ricoh GRD


これは壁画の反対側。窓ガラスの向こうに広がるのは、ニュースで渋谷と言うとしょっちゅうその映像を見せられるハチ公前スクランブル交差点のあたりです。

敬愛するシドニーのブロガー遊子さん(旧姓ドロシーさん)も以前ここらあたりからスクランブルの人ごみを撮っていたことがありましたね。
[PR]

by hanmaondo | 2008-11-25 20:07
2008年 09月 11日

ハンマー音頭のある一日



1 通勤往路 通勤電車
a0084757_1914356.jpg



ハンマー音頭の一日を3点の写真で纏めると、こんな感じです。
先ずは1時間以上乗っている往路の電車風景。偶には、キノコ以外も載せなきゃね、というところでしょうか。ところが。


2 通勤復路 その1 渋谷のキノコ 
a0084757_20523265.jpg



この前は職場で探してしまいましたが、渋谷駅近くでも(^^)
これは道路の植え込みにありました。その内、てっぺんに穴が開いて、胞子が煙の様に出てくるホコリタケです。別名を狐の茶袋と言います。

渋谷のような繁華街にまで、あるのですから、探せば皆様もきっと身近に発見できますよ。お試しください。


3 通勤復路 その2  家路
a0084757_1923248.jpg



最後は我が家目前の風景。段々、日が短くなって行くのが、ここらあたりで実感できます。明日も良い天気でありますように。
[PR]

by hanmaondo | 2008-09-11 21:20
2008年 07月 03日

絵画風に



a0084757_20491831.jpg




ブレブレ写真で絵画のタッチを狙ってみました。
歩いている人を横から撮る時は、スローシャッターでカメラを進行方向に
軽く振れば、かなり動感がある写真が撮れます。
でも、前と後から撮ると話しは全く違います。
人が歩く時、上下動がかなりあるのです。

どうせ上下に揺れているのなら、一緒に上下に振ってやれ、と考え
ご覧の様な絵が出来上がりました。
カメラを振った軌跡が絵筆のタッチのように、残っているとは思いませんか。

目下、流し撮りやスロー・シャッターで色々試し撮りをしています。
自分にとって何か新しい表現方法がないか、探っているところです。
[PR]

by hanmaondo | 2008-07-03 21:01 | 撮影技法
2008年 06月 23日

街角の風景・ 猫

a0084757_201344.jpg




渋谷駅から程近い路地裏で出遭った授乳するお母さん猫と子猫たち。
大人気でコンパクト・デジカメや一眼を抱えた小父さん達まで、わざわざやって来ます。

母猫が小さかった頃、見かけたことがあります。
捨て猫のようでした。
その内、目の前の飲み屋さんの人が、ミルクをお皿に入れて飲ましているのを見かけました。
何日か経つと、今度は犬小屋ならぬ猫小屋がちょこんと直ぐ傍の橋の際に置かれていました。
幸運にも飼い猫と認知されたようです。
そして今や子供達まで出来て、小屋も2つに増えたようです。


猫を撮って、ぞっとしたのは、己の撮影の芸の無さです。
動物という被写体に負けて、工夫もなくアングルも平凡です。
言い訳ですが、猫は元々神経質なぐらい用心深くて、人が近づくことを嫌がります。とてもずかずかとは近づけないし、ましてやアングルを選ぶような余裕もありません。勢い、ただレンズを向けてシャッターを切るだけで終わってしまいます。

猫も犬も撮ることは殆どないのですが、やってみると、これはこれで独特の苦労があるのだ、ということが分かりました。
[PR]

by hanmaondo | 2008-06-23 20:32 | 街の風景
2008年 06月 20日

溶けていく日常


1 自転車に乗る人
a0084757_2045853.jpg



2 歩み去る歩行者
a0084757_20453852.jpg



3 通り過ぎる車
a0084757_2046032.jpg




ご覧のように私達の世界は、ふと気付くと溶け出して
消えて行ってしまうのかもしれません。
[PR]

by hanmaondo | 2008-06-20 17:17 | 撮影技法
2008年 06月 02日

白丁花 (はくちょうげ)

a0084757_19233491.jpg



2008年5月23日 渋谷駅近辺


道路の際の生垣です。花が小さくて、余り目立ちません。
都心を歩いていると、色が溢れているので、気がつかないのでしょうね。
でも、マクロで撮るとびっくり、けっこう見られる花です。

皐月とならんで庭園や道路の植え込みに盛んに使われているようです。5月から6月に掛けて小さな白い花を咲かせます。小さすぎて目立たないのですが、写真に撮って拡大すると、それなりの美しさがあります。色は淡紅色もあるとか。剪定・刈り込みに強いので、玉造にしたり生け垣に多用されるとか。
[PR]

by hanmaondo | 2008-06-02 20:33 | 植物
2008年 06月 02日

皐月 (さつき)

1 2008年5月23日 渋谷新南口近辺 リコーGRD
a0084757_675661.jpg




他の躑躅の花が散ってから皐月は花を開きます。その時期が旧暦の皐月であったために皐月躑躅と呼ばれました。略して皐月。

本来は山奥の渓流沿いの岩肌に自生していたものですが、愛されて栽培され盆栽でも親しまれているようです。ハンマー音頭的には道路の植え込みで頻繁に目にする花です。何でも庭木・生け垣として一番使われているのは皐月だとか。

2 2008年5月26日 渋谷新南口近辺 リコーGRD 
a0084757_692428.jpg

[PR]

by hanmaondo | 2008-06-02 20:32 | 植物