タグ:Minolta AF100/2.8Macro初期型 ( 70 ) タグの人気記事


2011年 08月 02日

野津田公園で林縁を辿ります


a0084757_1418016.jpg



今年の夏はこれまで、東京ではじりじりと焼かれるような熱い日差しの日は思ったほど
ないようで、助かっています。

7月に関東南岸をかすめていった、あののろのろ台風のせいかもしれませんね。


a0084757_1420727.jpg




それでも太陽が顔を覗かせれば、暑さにまるで弱いハンマー音頭は必死で陰を求めて
道の際の木陰に逃げ込むばかりです。


3 ミズキ
a0084757_1420393.jpg



4 林の中の道
a0084757_14212898.jpg



5 オオバジャノヒゲ
a0084757_1422929.jpg




6 林の中の道 2
a0084757_1423620.jpg



7 エゴノキの実
a0084757_1424084.jpg




8 イグチの仲間
a0084757_14243480.jpg





2011年6月28日 町田市野津田公園

注記
本稿は、半年ぶりの中断を経て2012年2月6日にアップされています。

[PR]

by hanmaondo | 2011-08-02 22:42 | 里山
2011年 07月 31日

姫楮(ヒメコウゾ)の実

1 裏から
a0084757_17423849.jpg




ヒメコウゾの実は、とても食欲をそそる色をしていて、実際食べることができる木苺の1つです。
でも、口に入れると、ちょっとがっかり。


2 表から
a0084757_17425278.jpg



幼い頃に食べた木苺といえばモミジイチゴ。あの味に遠く及びません。
口にすると、少しばかり何か小さな硬いものが残ります。大したことは
ないのですが、少し興ざめ。後味が少し悪いのですね。


ヒメコウゾの雌花は、とても変わった形をしています。これも見てやってください。去年の6月12日の記事で扱っています:姫楮 (ヒメコウゾ)




2011年6月28日町田市野津田公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-31 16:07 | 当てずっぽう植物図鑑
2011年 07月 21日

キノコや粘菌に惹きつけられた理由

1モミジウロコタケ?
a0084757_17212397.jpg



キノコや粘菌に惹きつけられた理由は、その特異な姿や時と共におどろおどろしい雰囲気にあります。

異様な姿に驚いて(あるいは感動して)惹きつけられてしまうのです。

2 エダナシツノホコリ?
a0084757_1723352.jpg



エダナシツノホコリではないか、と考えはしましたが、保証のかぎりではありません。
変形菌とよばれるものですが、ど素人の私はキノコの一種と最初は捉えました。でも、
変形菌は移動することができ、子実体もどんどん様変わりしていきます。そのうえ、
おおむね1、2ミリの大きさですから、比較的数多く存在しているのにもかかわらず、
発見するのには、それを見る目を養う必要があります。


3 
a0084757_17234468.jpg



これも変形菌でしょうね。ツノのように伸びているところが特異で、とても変わって
いると思うのは私だけでしょうか。

キノコのようでもあり、移動することから動物のようでもあり、不思議な生き物です。
原生生物のようですが、私にはただただクエッションマークの連続です(笑)

自然は、本当に豊かで多様で不思議さに満ちていますね。



2011年6月28日町田市野津田公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-21 22:32 | 粘菌
2011年 07月 04日

雨宿り


a0084757_1844778.jpg



雨が降ると葉裏にいろいろな虫たちが雨宿りをしています。



a0084757_1845211.jpg




八王子にある平山城址公園の雑木林のなかの一コマ。



a0084757_18443928.jpg




「ヒロオビトンボエダシャク」という蛾の仲間だと、虫にくわしい友人が教えてくれました。
「トンボエダシャク」も素人である私には全く同じに見えるようです。トンボのように胴が長いことから付いた名前と思われます。

このトンボエダシャクの仲間にとっては、雨宿りする葉の幅が茎のように狭かろうが広かろうが、いっこうに気にならないようですね。
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-04 19:41 | 昆虫
2011年 01月 28日

百日紅(サルスベリ)

a0084757_1717591.jpg





a0084757_17172040.jpg





a0084757_17422458.jpg




百日紅(サルスベリ)といえば、赤や白の花を枝の先端に集めて、夏の間長く咲いている姿を庭や公園でよく見ます。

でも12月の11日ともなればご覧のとおり。どんな樹でものびのびと育っていると見ごたえがあると思いました。
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-28 18:03 | 樹木
2011年 01月 21日

隠れ蓑(カクレミノ)の実

a0084757_17144314.jpg



昨年12月に上柚木公園を歩いていて撮った隠れ蓑の実です。途中まで掲載準備そ進めて、そのままにしておいたものを遅ればせながら公表いたします。

a0084757_1715451.jpg



隠れ蓑の葉は、一定でなく、よくある楕円形のものもあれば、ご覧のように三つ葉形式のものがあります。図鑑などでは「葉は三裂している」と記述されています。ものによっては五つ葉のものもあり、ヤツデの葉に似てきます。なにしろ同じ仲間のウコギ科の常緑樹ですから。

隠れ蓑とは不思議な名前です。葉がさまざまな形に変容するから、そう呼ばれたのかと思ったのですが、なんでも三つ葉の形が天狗の蓑に似ているから、とか、枝先に集中して付く葉がこんもりとして蓑のように見えたから、とか、説得力がない説明がなされています。名付け親に訊かないと分からないですね。でも、御伽噺でしか縁が無い隠れ蓑の名称は、なんとなくユーモラスに響き、嫌いではありません。
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-21 18:20 | 樹木
2011年 01月 21日

楠木の黒紫色の実

a0084757_1713366.jpg





2010年12月11日八王子市 上柚木公園
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-21 18:20 | 樹木
2011年 01月 16日

遅ればせながら新年のご挨拶

a0084757_165446.jpg





昨年暮れに体調を崩して、家にこもっておりました。良い機会だと思い、我が家の
6年は超えるパソコンを新調しましたところ、ど素人の哀しさ、いろいろ問題が
生じまして、写真をアップすることもできなくなりました。

ひとつひとつ問題をクリアーして、ようやく復帰です。

旧年中は、いろいろとご心配をかけて申し訳ありませんでした。
この冬でもっとも寒いといわれる今日、お礼を申し上げるとともに、新年もどうぞ
よろしくとお願いいたします。

写真は鶴見川源流の泉付近です。今日ほどではないですが、寒い日でした。
おかげで空気も水も澄んでいます。
[PR]

by hanmaondo | 2011-01-16 22:29 | その他
2010年 12月 19日

上柚木公園(かみゆぎこうえん)


a0084757_7552060.jpg




八王子市上柚木にある上柚木公園は、我が家から歩いていくには少し距離が
ありすぎますが、それでで1時間もあれば歩いてこれるでしょう。


2 ガマズミの赤い実
a0084757_759720.jpg




12月も中旬に入った土曜日に訪れると、ガマズミはもう葉をすっかり落として
赤い実だけが沢山ありました。


3 多摩ニュータウンの公園では定番の芝生の小丘 
a0084757_7572753.jpg




多摩ニュータウンの尾根筋にはいくつも公園があります。沢山の住宅を建てて
残った雑木林を緑地として残しているのですが、なぜか芝生広場が必ず備えられ
ていて、たぶんピクニックにやってくる幼子を抱えた家族たちのためなのかな、
などと考えています。


4 ゴッホの好きな糸杉
a0084757_1705872.jpg



そんな公園には、居つきのコナラやクヌギ、エゴノキや椎や樫の木ばかりでなく、
造園家の好みなのか外来種の糸杉も植栽されています。


5 陸上競技場
a0084757_813280.jpg




大きな陸上競技場には高校生たちが大勢来て、練習をしていました。その観覧席
の最上階から見渡すと・・・


6 北側に広がるのどかな風景
a0084757_1721657.jpg





7 西の方角には富士山の白いシャッポが見えます 
a0084757_1725161.jpg





8 最後にステンドグラス
a0084757_1774544.jpg




最後にやはり「定番」と思える公園のステンドグラス。日本人はステンドグラス
がとても好きなのだと思います。公共施設を建設すると入れたくなるのではないで
しょうか。これが欧州だと教会ですが、日本ではなんとトイレにしか場所がない、
とでも言いたそうな眺めです(笑)
[PR]

by hanmaondo | 2010-12-19 17:31 | ご近所シリーズ
2010年 12月 18日

山桃(ヤマモモ)

a0084757_1344451.jpg




先週の土曜日の朝、上柚木公園を歩いていて、太い幹がしろっぽく丸い樹幹を形成してこんもりと茂る広葉常緑樹を見つけて、その可愛らしい姿がとても気に入りました。

上柚木公園はいくつかの木々に名札が付いていて、直ちに山桃と知りました。

a0084757_13442886.jpg



図鑑などでは灰褐色というのでしょうか、白っぽい幹の色が好みです。まっすぐ立った幹の先から幾つか太い枝がでて、その先にある細い枝に沢山の葉を茂らせています。葉は左右対称に付くのではなく互生で、やや枝の先に集まっています(束生しているというらしいです)

もともとは暖かい海岸地方に自生している木です。共生している根粒菌の助けで窒素を取り込むことができることから、荒地に積極的に植えられ、また、大気汚染に強いので公園によく植樹されていて出遭うことが多いと思われます。
[PR]

by hanmaondo | 2010-12-18 07:45 | 樹木