タグ:Sigma AF24/1.8 ( 43 ) タグの人気記事


2012年 02月 08日

ミラーレスカメラ

a0084757_17174242.jpg

                 



この冬は寒さが厳しく、カメラ散歩もちょっと辛い。で、手袋をすることになるのですが、デジタル一眼レフでこれをやると、露出補正などがやりづらく、ストレスが溜まります。その点、友人のようにミラーレスカメラを構えて、スナップ風に撮っていれば、撮影モードも全自動。構えてシャッターを押すだけですから、ストレス無しです。

ミラーレスカメラというのは、光学ファインダーの代わりを電子ビューファインダーや液晶ディスプレイが務め、レンズ交換ができるカメラです。この名称は、まだ異論があるようですが、PC WatchやIT Mediaなどのネット専門誌に認知されているものなので、これで定着しそうです。

なぜ今日、ミラーレスカメラに話題を振ったかと言いますと、ハンマー音頭が常々携帯していたコンパクトデジタルカメラのリコーGRデジタルが故障して使えなくなってしまったからです。デジタルカメラは昔のフィルムカメラに比べて、とても便利ですが、電気系統に頼る余り、とても壊れやすくなってしまった、というのが私の印象です。昔のMFカメラですと、大事に使ってさえいれば、いつまでも持ってくれそうなのですが。

ともあれ、GRデジタルに代わるものとして、目下ミラーレスカメラに注目しています。最新のものは値段が張って年金生活者には無理。それで、型落ちの新品か中古が狙い目です。

候補は、オリンパスのペンE-P2またはソニーのNEXシリーズというところでしょうか。E‐P2は写真の友人が構えているもの。散歩後の昼食時に、ちょっと貸してもらっていじって見ましたが、なかなかの使い心地と画質です。ソニーの方は撮像素子が大きいので、画質的に有利です。ただ、Eマウントのレンズは値段が安いとは言え、単焦点にこだわっているので、最低でも2つ揃えなければなりません。中古で買っても2つ合わせて3万円強の出費で、ボディと合わせて5万円を超えるかとうところでしょうか。う~む、懐が・・・ しばらくの間、懊悩がつづきそうです。
[PR]

by hanmaondo | 2012-02-08 21:09 | カメラ
2011年 07月 15日

裏高尾・木下沢に涼を求めて

1 木下沢(こげざわ)
a0084757_14292732.jpg



木下沢は高尾山の北側、裏高尾と呼ばれるところにあります。


a0084757_20512852.jpg




梅雨明けしてからの連日の猛暑に耐えかねて、ハンマー音頭は涼を求めて出かけることにしました。



a0084757_20541999.jpg



駐車したのはこんな処。まだ7時前ですから朝日が差し込んでいます。


4 タケニグサ
a0084757_20553891.jpg



山側の法面には2メートルを超えるタケニグサの花。


5 マムシグサ
a0084757_20584245.jpg



谷川側にはマムシグサ。


6 影信山(かげのぶやま)への分岐
a0084757_2052445.jpg



どもまでも日陰を求めてこんな処で大休止。もちろん影信山に登って汗をかくようなまねはしませんでした。


7 ハナオチバタケ
a0084757_20593128.jpg



そこでふと見ると微細なキノコ。あまりに小さいのでトリミングして拡大しています。
[PR]

by hanmaondo | 2011-07-15 17:09 | 山と渓谷
2010年 06月 26日

ドクダミ


ドクダミ その1 2010年6月13日 町田市小野路町 布田道
a0084757_21221883.jpg




ドクダミの良さを、なんとか撮ろうと工夫して、見上げて逆光で撮った1枚です。透過光
も、捉えきれず、アイデア倒れで、いま1つ良さが出し切れませんでした。



ドクダミ その2 2010年6月12日 八王子市別所 長池公園
a0084757_21214193.jpg




こんどは16:9のハイビジョンTVのサイズで撮ってみました。葉の映像に伸びがあり、
自分では、少し迫力が出てきたような印象がしています。


ドクダミ その3 2010年6月13日 町田市小野路町 布田道
a0084757_21164939.jpg




3枚目は1枚目と同じ日に同じ機材で撮りました。
ドクダミの白い花の清楚な感じが一番出ていると思ってたのですが、ブログサイズに
縮めたら、その印象が薄まりました(汗)

ところで、この白い花びらは本来花弁ではなく、総苞というものだそうです。花は黄色い
部分に小さいものが幾つもかたまって付いて、花穂というものを形成しています。

そういうのは科学的には正確な認識の仕方だと思いますが、見ている人の感情としては、
りっぱな花びらです。そしてこの白い「花びら」の部分が新しいうちは、とても清楚な印象
を与えるのです。ドクダミが好きなのも、この時期の清楚な白さに負っています。
[PR]

by hanmaondo | 2010-06-26 21:36 | 当てずっぽう植物図鑑
2010年 06月 25日

布田道へ


1 苗代苺
a0084757_15295716.jpg



今年関東地方は6月14日に梅雨入りしましたが、その1日前、多摩市南端にある1本杉
公園から布田道へと里山のなかを下りました。

手持ちのコンパクトデジカメが総て故障してしまったので、今やK10Dには77mm、
アルファ700にはシグマの24mmF1.8を付けて一眼レフの2台体制です。ちょっと
重い(汗)

転んで膝を痛めたために、ゆっくりと歩き、途中目に付いたものを撮って行きます。
7枚ほど、ご覧下さい。


2 下り道
a0084757_15363220.jpg





3 毒紅茸
a0084757_1537119.jpg



まだキノコには早く、出かける度に1つ見るか見ないか、という按配です。それも
毒紅茸のようなベニタケ科のキノコが多いようです。


4 鶯神楽の赤い実
a0084757_1538114.jpg





5 道しるべ
a0084757_15391158.jpg





6 片喰(カタバミ)
a0084757_15395541.jpg




7 姫楮(ヒメコウゾ)の花
a0084757_15401425.jpg

[PR]

by hanmaondo | 2010-06-25 22:55 | 多摩ニュータウン
2010年 05月 07日

韮山の大仙山




a0084757_1913693.jpg



新緑が香る5月ではなく、4月下旬に熱海から熱函道路経由で旧韮山(今は伊豆の国市とか
いうそうです)にある大仙山というところへ行ってきました。


2 鐘楼
a0084757_19112643.jpg



友人の大学ならびに職場の先輩が本格インドカレーをご馳走してくれるというので、ありが
たく友人のおまけで付いて行ったのです。そのカレーパーティはお昼でしたので、その前に
近くにある大仙山に向かいました。



3 仏舎利塔
a0084757_19115856.jpg



標高は、たったの167メートル(笑) でも、登山道に色々見るものがあって、登って
楽しい山でした。


4 磨崖仏
a0084757_1913122.jpg



麓は畑毛温泉と呼ばれ、宿が数軒あるようです。



a0084757_19132784.jpg



磨崖仏がある処は視界が開けて、とても良い眺めでした。



a0084757_1913468.jpg





a0084757_1914915.jpg



ところが山頂は雑木林が伸びてきて視界が遮られて、眺めはそれほどでもありません。


8 本格インドカレー・パーティ
a0084757_1915187.jpg



さて、お昼です。友人の先輩の家は、函南町の別荘地にありまして、これが何度行っても
道が分からずに迷います。別荘地は恐ろしいところですね。碁盤目にでも区画しないかぎり
何処に誰の家があるか、なんて分かるはずがありません。


10 鹿肉のカレー
a0084757_19152585.jpg



そんな、こんなはありましたが、本格インドカレーは極めて美味でした。



2010年4月25日 静岡県伊豆の国市畑毛 大仙山ならびに 熱海市函南町
[PR]

by hanmaondo | 2010-05-07 21:53 | ちょっとお出かけ
2009年 12月 30日

ちょっと散歩に



ちょっと散歩に参ります


1 家の前には萩の花
a0084757_11275694.jpg



家の前には萩の花
季節は少し遅いけど
それに初めはちいさくて
なんの花だろう?
と気がつかず
思わず覗くファインダー




2 蓮生寺公園の散策路
a0084757_11311962.jpg



坂道降りて、また上り
良く有る多摩の自然公園
それが近所の蓮生寺

昔は家のベランダから
何時も見えた丘の上
今じゃ新築マンションの
壁のむこうに消えました



a0084757_1132698.jpg



ハッパーや 形じゃないよ 光だよ

これが葉を好むハッパーの金科玉条
種類もとくに問いません

4 三椏(ミツマタ)
a0084757_1133498.jpg



ミツマタや 末はめでたく 万札に



a0084757_113408.jpg


ハッパーふたたび
名も知らぬ 蔓植物の 解体新書

6 冬日
a0084757_11365591.jpg



ニュータウン 何時しか歳ふり 坂のうえ
肩に負う 冬陽のぬくみ 木枯らしの音
上りきれば下るしかない定め


指呼の間にある公園と自宅を往復しました。萩の花だけミノルタの50mmレンズ、他はシグマの24mmです。


2009年12月15日八王子市別所
[PR]

by hanmaondo | 2009-12-30 23:07 | ご近所シリーズ
2009年 09月 10日

シグマAF24/1.8で撮る薬師池公園



常日頃は、50ミリの大口径かマクロレンズを常用して、それに優れものの絵作りをしてくれる77ミリを使っているのですが、折角もっている短焦点の広角レンズも使ってみようと、シグマAF24mmF1.8 EX DG Aspherical Macro を持ち出して薬師池公園へ出かけました。



1 薬師池公園・蓮田入口
a0084757_21233776.jpg



24mmは私のコニカミノルタ Alpha Sweet Digital に付けると撮像素子が銀塩フィルムに比べて小さいので、1.5倍の36mm相当になります。これでもまだ十分広角ですね。今発売されているコンパクト・デジタルカメラに付いているレンズの広角端は概ね35mmですから、あれと同じだとお考え下さい。

普段50mm(デジタル75mm相当)や77mm(114mm相当)を使っている私には十分に広くて、蓮田入口の表示も背景に街灯を入れて楽に撮れます。これが例えば75mm相当ですと、二歩ぐらい後に下がらないと、こんな風に撮れません。でも、実際の二歩後は生垣の中で不可能です。風景を撮るうえで、広角レンズはとても楽ですね。


2 蓮田の中で
a0084757_21255192.jpg




私にとっての広角レンズの利点はもう1つ、77mmや50mmのレンズに比べると、ボケが少ないことです。蓮の葉にかなり寄って撮っていますが、背景の家のボケ具合を見れば、それが一目瞭然。背景が大ボケしている写真ばかりアップしているハンマー音頭のブログとは思えないでしょう(笑)


3 梅林のあたり
a0084757_21263697.jpg




4 ガガイモ
a0084757_21284494.jpg



シグマの24mmが優れたレンズであるのは、被写体に18cmまで寄れるマクロレンズであることです。レンズ自体の長さが10cmはあるでしょうから、これにフードを付けると被写体がほぼレンズ自体にくっ付きそうに見えるほど寄れます。

小さな花やキノコを撮っている時、広角マクロレンズで撮れば、50ミリや77mmに比べて被写界深度が大きく、ピンポケ写真を連発しないで済みます。この利点はとても大きいので、何故これまでシグマの24mmを使ってこなかったのか、当然ながら疑問に思うでしょう。

その理由は、レンズというものは単にシャープに撮れれば良いというものではなく、レンズの絵作りに違いがあって、味が違うからです。ピンボケを連発してもミノルタの50mmマクロやペンタックスのFA77mmの方が私自身の好みだ、と言っても良いでしょう。

それからシグマの24mmは少し重くて小さなボディに付けるとバランスが悪いという点もあります。カメラを首から提げるとレンズが腹に当って気色が悪いので、常に腕に抱えることになります。レンズ自体の重さは500gまでいっていないのですが、実際より重く感じます。50mm大口径などを使っていると、とても軽くて扱い易いので、この違いはとても大きいですね。



5 小さなお社への急な階段
a0084757_2131193.jpg



さてシグマのレンズを離れて、背景ボケの話し。羊歯の背景がとてもうるさく感じます。ボケそのものは決して悪くはないのですが、こんな風にゴチャゴチャしていると、本来の被写体の羊歯の葉も、赤い社も目立たずに埋没してしまいます。背景のボケは難しいですね。ボケ具合の調節や適切な背景の選択など、考えても分からない要素が多く、経験を積んで失敗作といえどもおろそかにせず、じっくりと味わって明日の糧にしなければいけないと思いました。


6 公孫樹の大木
a0084757_21314443.jpg



薬師池公園には薬師院というお寺が隣接していて、その境内に立つ樹齢不明の大木です。その木洩れ日を光条として撮ろうとF7.1まで絞って撮ったのですが、ブログサイズにすると光条も惨めな光点にしか見えません。9枚の絞り羽根を持つシグマの24mmなら、絞れば楽に光条が撮れます。

さて、久しぶりに使ったレンズですが、改めてその良さを認識しました。矢張り花やキノコのような小さいもののマクロ撮影には、とても良いレンズだと思います。背景をボケさしてメインの被写体と絡ませる上でも、広角レンズは楽にやれます。それでも銀塩換算75mmになる50mmマクロの方が出番はやはり多いでしょう。何故って、写真散歩をしているとマクロ撮影ばかりではないからです。それに50mmはやはり、工夫次第で色々な撮り方ができますしね。
[PR]

by hanmaondo | 2009-09-10 22:54 | レンズ
2008年 11月 28日

不明のキノコ




a0084757_22304091.jpg





a0084757_22312335.jpg
共に2008年10月8日八王子市長沼 長沼公園 Sigma AF24/1.8


10月初旬、長沼公園を訪れた時に駐車場で見つけたキノコです。これは既に何度か目にしている種類で、枯れた木片や切り株に生えているものですから、直ぐ同定できるだろうと高をくくっていたのが間違いでした。良く分かりません。掲載して見る度に反省しようと思います。

追記
どうもクヌギタケではないか、と思われます。10月15日の記事で同じく長沼公園の切株に2つだけ生えているのを撮りました。数多くあると印象が違いますが、よくよく観察すると良く似ています(2008年12月3日記す)。
[PR]

by hanmaondo | 2008-11-28 23:01 | キノコ
2008年 11月 18日

高野箒 コウヤボウキ?



本種が高野箒(コウヤボウキ)ではなく、柏葉白熊(カシワバハグマ)と判明しましたので、訂正致します。2009年10月27日記。



a0084757_221530100.jpg




a0084757_15471450.jpg
共に2008年10月初旬八王子市長沼 長沼公園 Sigma AF24/1.8



不思議な植物です。小低木なんですけれど、長沼公園で見た時は低木などと思わず、野草だと思っていました。実際そう見えます。

高野箒の由来は高野山で箒の代わりに使ったからとか。これも良く分からないのですが、そうとう小さい箒ですね。よほど小さいもののお掃除用かと。
[PR]

by hanmaondo | 2008-11-18 22:14 | 当てずっぽう植物図鑑
2008年 11月 13日

イヌタデ




a0084757_20324120.jpg
2008年10月8日八王子市長沼 長沼公園 Sigma AF24/1.8




イヌタデは何度も撮って失敗しました(笑) 尋常でない難しさです。開かない花は輝いてくれません。割に合わない苦労かもしれませんが、幼い日々の記憶に残るネコマンマですから、撮らずにはいられません。
[PR]

by hanmaondo | 2008-11-13 20:44 | 植物