人気ブログランキング |

ハンマー音頭の写真日記

hanmaondo.exblog.jp
ブログトップ

2008年 11月 13日 ( 7 )


2008年 11月 13日

溝蕎麦 ミゾソバ




a0084757_18555552.jpg

2008年10月7日町田市下小山田 MinoltaAF50/2.8Macro 初期型


9月から10月にかけて多摩丘陵は小山田の里山を散策していると、湿地へいけば必ず溝蕎麦に出会いました。これはいつものルートから外れて、行き止まりになることを覚悟の上で横道に入り込み、奥がどうなっているか探索した時、その道が溝蕎麦の群生の中に消えていった時のものです。


2 溝蕎麦ばかり
a0084757_1956335.jpg
2008年9月27日町田市下小山田 Pentax FA77/1.8 Ltd



道は続くかに見えます。どうやら其処は、嘗ては水田があったような雰囲気がありました。でも、随分前に人手不足と経済性から放棄されたようです。行って行けないことはないのですが、なんせ水がくるぶしまで来ます。長靴でないと駄目と諦めました。


ところで溝蕎麦と言えば、同じ仲間の継子の尻拭いや秋の鰻掴み同様、茎にびっしりとついた棘が特徴です。ご覧下さい。



a0084757_1941979.jpg
2008年10月7日町田市下小山田 MinoltaAF50/2.8Macro 初期型



痛そうですね。これは牛の顔のような葉の形を見てもらえば分かるように溝蕎麦ですが、葉の形がもっと細くて三角形の継子の尻拭いも棘は全く同様で花も同じですから見分けが難しいです。


4 草に埋もれた小さな鳥居
a0084757_2074678.jpg
2008年9月21日町田市下小山田 Ricoh GRD


小山田の里山は歩いていて楽しい処です。それでも嘗ての賑わいが忍ばれる風景があって、少し淋しい気がします。お稲荷さんは、きっと昔は付近の数戸の村人が守ってきたのでしょうね。今は下草刈りも出来ないほど、守り手がいなくなっているのでしょう。


5 ハナグモと
a0084757_20162743.jpg
2008年10月5日町田市上小山田 Minolta AF50/2.8 Macro 初期型



人が居なくなっても、生き物達が多いのが救いです。ハナグモはファインダーを覗いて漸く其処に居る事に気付きました。老眼で1メートルも離れれば、もう見えません。こんな私でも20代の頃は裸眼で何でも見えたんですけれどね。



a0084757_5235626.jpg
2008年9月27日町田市下小山田田中谷戸 Ricoh GRD


最後に接写で、ほぼ満開の溝蕎麦。何時かは、こんなに一杯開くのですね。閉鎖花ばかりのイヌタデとは大違いです。

by hanmaondo | 2008-11-13 20:54 | 植物
2008年 11月 13日

蕎麦 ソバ



a0084757_2119359.jpg

2008年10月5日町田市 小山田緑地 MinoltaAF50/2.8Macro 初期型



蕎麦と言えば白い花と思っていたら、赤い花を結ぶ赤蕎麦というのがあります。タデ科の植物ですので、溝蕎麦の花などとも良く似ていますね。

蕎麦は荒地にも育つ上に年に2回も収穫できるのですから、初夏や秋に花を観賞することができるようです。

ところでこの秋は熱心に野草観察を行った結果、タデ科の植物の開花期でもあり、初心者のハンマー音頭には似合わないことながら、結構すらすらと同類の名前がでてきますので、ここに列記してみます。

蕎麦 ソバ
赤蕎麦 アカソバ
刺蕎麦 トゲソバ
蔓蕎麦 ツルソバ
姫蔓蕎麦 ヒメツルソバ
溝蕎麦 ミゾソバ
秋の鰻掴み アキノウナギツカミ
継子の尻拭い ママコノシリヌグイ
犬蓼 イヌタデ
花蓼 ハナタデ
桜蓼 サクラタデ

このうち、姫蔓蕎麦はヒマラヤ原産の外来種で、最近観賞用に輸入されて野性化したものです。他は、何時渡来したかわからないぐらい昔から日本にあったかも。蕎麦は中央アジア原産ですが、縄文時代には化石化した蕎麦が遺跡から出てくるそうですから大陸から人と一緒に来たのかもしれません。奈良時代には蕎麦の栽培を奨励する天皇の詔が出ています。今の形の蕎麦が普及したのは江戸時代だそうです。それまではつなぎに小麦粉を使うということが知られていなかったとか。

by hanmaondo | 2008-11-13 20:53 | 植物
2008年 11月 13日

アケビ



a0084757_2142717.jpg

2008年10月4日町田市下小山田 押越 MinoltaAF50/2.8Macro 初期型



小山田の里山を散策することが、週末の恒例行事になった今年の秋。そんなある日、矢張り近くに住んでいて此処が好きだというお兄さんに、あそこにアケビがあると教えてもらいました。


a0084757_20475023.jpg
2008年10月4日町田市下小山田 押越 Ricoh GRD


村の少年少女だったなら、必ず口にした経験があるでしょうが、ハンマー音頭は小さい時から東京暮らしなもので、アケビの味を知りません。残念ですね。今食べても取り返せないでしょう。子供時代とは味が違います。と言うより、経験の重みの違いでしょうか。

でも、こうやって人に教えてもらうことは、嬉しいですね。仲介者が人だからこそ、強く印象に残るのだと思います。

by hanmaondo | 2008-11-13 20:52 | 植物
2008年 11月 13日

アシボソノボリリュウタケ




a0084757_21371317.jpg

2008年10月4日町田市下小山田 押越 MinoltaAF50/2.8Macro 初期型

by hanmaondo | 2008-11-13 20:50 | キノコ
2008年 11月 13日



a0084757_21432137.jpg

2008年10月5日町田市 小山田緑地周辺 Ricoh GRD



茶は夏から秋にかけて花を結ぶのですが、下向きに咲くものですから意外と気付きにくかったりします。それに撮りずらいですね。

椿や山茶花と同じ仲間でツバキ科ツバキ属の潅木です。緑茶や紅茶、それに烏龍茶などの中国茶も、同じ茶の葉から作られると知ると意外な気がしますね。

by hanmaondo | 2008-11-13 20:44 | 植物
2008年 11月 13日

イヌタデ




a0084757_20324120.jpg
2008年10月8日八王子市長沼 長沼公園 Sigma AF24/1.8




イヌタデは何度も撮って失敗しました(笑) 尋常でない難しさです。開かない花は輝いてくれません。割に合わない苦労かもしれませんが、幼い日々の記憶に残るネコマンマですから、撮らずにはいられません。

by hanmaondo | 2008-11-13 20:44 | 植物
2008年 11月 13日

桜蓼 サクラタデ




a0084757_2038499.jpg
2008年10月8日八王子市長沼 長沼公園 Sigma AF24/1.8



長沼公園の駐車場の脇にある湿地で咲いていました。イヌタデの仲間ですから、花はとても小さいですが、仲間内ではこれでも大きい方なんだとか。

ところで久振りにシグマの広角を持ち出しましたが、重いのでバランスが悪く、ブレブレ写真を連発してしまいました。矢張りバランスが大事ですね。良い単焦点レンズなのですけれど、どうしても持ち出す回数が減ってしまいます。広角はコンパクトデジカメのリコーGRDにまかせっきりになってしまったようです。

by hanmaondo | 2008-11-13 20:43 | 植物